催淫剤とは?

一般的には「媚薬」の名で有名

一般的には「媚薬」の名で有名

媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であるが、その歴史は古く精力の付く薬や食品の総称ともとらえることができる。多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある(プラセボ効果参照)。基本的には精神を自在に操作することのできるほどの薬効成分は実用化されておらず、惚れ薬は架空の薬品と認識されている。

催淫剤
性欲を亢進させる薬。主に男性の精力減退の治療に用いられ、勃起を促す作用を持つ。女性用にはフリバンセリンなどが知られている。フィクションの世界では、女性に向けて用いられることが多いが、同じ薬が男女双方に作用することもしばしばである。
性ホルモン剤
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされる。

アルコール自体がそもそも「媚薬」

酔いつぶすのとは違いますよ!

酔いつぶすのとは違いますよ!

ベロベロにしてヤッちゃうのとは違います!
↑ちなみにツブしてやっちゃうと基本的に強姦罪が成立するパーターンがほとんどなので、女性とお酒~♡♡♡というパターンにはご注意を

女性がアルコールを摂取するとセックス衝動が高まることは、科学的にも証明されています。
そもそも、アルコール摂取によって女性はセックス衝動が高まります。女性の体内で、性的興奮を高める男性ホルモン「テストステロン」の濃度が高まるとされています。

お酒が理性を弱めて、本能を引き出し、エッチなモードになるのです。

適量を

ここまでいくと

ここまでいくと

もう催淫とかって問題じゃない

適量のアルコールは、血行を促進して、催淫効果もあります。
ただし、飲み過ぎはNG。意識が朦朧として、せっかくのMAGUAIを堪能できない(朝、起きて何したか覚えてない)ばかりか、男性の場合、勃起しにくくなることも。
飲みすぎは本能的な行動までも奪ってしまうので、エッチモードをキープするほろ酔いの状態がイチバンなのです。
ほろ酔い程度に

ほろ酔い程度に

アルコールを体内に入れると、酔いが回ってうっとり気分になりますよね。
ここに媚薬効果が期待できるかといえば、”飲みすぎない程度”であれば、イエスです。

またアルコールは大脳の理性を弱めてしまうことから、本能をおおっぴらにしやすいとも見られています。
エッチな気分を高めるために、あえてお酒を煽るなんて話も聞いたことありますよね。

フルーティーなお酒「サングリア」

おしゃれなバルとかでもよく見ますね

おしゃれなバルとかでもよく見ますね

ワインをベースに、オレンジやりんごなど柑橘系フルーツを加えた、スペイン発のフルーティーなお酒「サングリア」。

アルコール濃度の高い赤ワインがフルーツの果汁で、飲みやすく仕上げられているため、ほろ酔い加減が楽しめます。
フルーティーで飲みやすいので、女性も抵抗なく飲むことができます。

スパイスが入っているとなおGOOD

サングリアに加えるシナモンやグローブといったスパイスは、昔から媚薬として用いられていました。
オリジナルもぜひトライを

オリジナルもぜひトライを

くれぐれも変なものはまぜないように

作り方は、赤ワインにフルーツとスパイスを入れて一晩置いておくだけ。自宅でも比較的簡単につくれるので、こっそり仕込んでおけばいざという時にセクシーな気分を盛り上げてくれます。

男性にもおススメ

フルーツに含まれているビタミンCを2,000mg/日を摂取することで、男性の精子の運動量がアップするという話も。
ビタミンCは、1日2000mgを定期的に摂取することで男性の精子の運動量がアップするという報告もあります。

燃やして飲む「アブサン」

視覚的な効果も

視覚的な効果も

ゆらゆら燃える炎にも気分が高まる・・・かも?

角砂糖にアブサンを燃やした炎にウットリで、それだけでも媚薬効果があるというもの!
一時期、そのあまりに強い作用(ニガヨモギの幻覚症状を伴う禁断症状)から、つくられることが禁止されたこともあるアブサン。

主成分の「ニガヨモギ」

効き目は折り紙つき?

効き目は折り紙つき?

合法ハーブの成分となっていることも

残念ながら(?)現在流通するものには配合されていません

原料の薬草「ニガヨモギ」には妖しい媚薬効果がありますし、炎で燃やした角砂糖の甘味で口当たりが優しい味で美味しく飲むことができます。
ニガヨモギ、アニス、マージョラム、オオグルマなど催淫作用の強いハーブ15種類をミックスしてつくられる

ショットでグイっと!「イエーガーマイスター」

ドイツの定番リキュール

ドイツの定番リキュール

さまざまなハーブがブレンドされています

1934年に開発される。「ハンターの守護聖人」の意味。7世紀頃のドイツの物語に由来する。
56種類のハーブからつくられ、オーク樽で9ヶ月以上熟成される。
意外とすっきりとした味わい。グイグイ飲めてしまうが、35度あるということを忘れずに。
56種類の生薬やフルーツ、草根木皮から作られているハーブリキュールが「イエーガーマイスター」です。さしずめ、ドイツ版の養命酒というところです。

ショットで飲むことが多い

お酒もグラスも

お酒もグラスも

キンキンに凍らせてショットで!

ショットで1杯飲んだら、生薬が気付けでエッチモード全開です。肉食女子に飲ませたら、あなたは間違いなく餌食になってしまいますよ。負けじとあなたも1杯飲んで、元気に応戦されたし!

強いグリーンと甘いイエロー「シャルトリューズ」

ブランデーベースのリキュール

ブランデーベースのリキュール

グリーン・イエロー、お好みで

ブランデーベースで130種類もの薬草が原料のリキュールが「シャルトリューズ」です。
フランスの修道院で作られた歴史があり、最終的な配合は修道士しか知らないとされ、「長寿の霊酒」とも言われています。なんとも神秘的で薬草に媚薬効果があります。

グリーン&イエロー

ちょい強のグリーン

ちょい強のグリーン

ミントっぽいハーブ系の「ヴェール(グリーン)」55度

飲みやすい(といっても強いです)イエロー

飲みやすい(といっても強いです)イエロー

ヴェールよりハチミツっぽくて甘く感じる「ジョーヌ(イエロー)」40度

食後酒なので、食後に、あなたはグリーンで、彼女はイエローで乾杯してみることですね!交われば何色になることでしょうか?!

ルーマニア赤ワインの「マルモロート」

強精酒としてなら

強精酒としてなら

フランスでもイタリアでもチリでもなく
「ルーマニア」ワイン

赤ワインの効果の原因を語らせてもらうと、赤ワインは生き血であるから効くのです。
しかも媚薬なんです。ポリフェノールなんてものは二次的な要因であって、本当の要因は生き血であるということである。
だから体に良いのです。媚薬っていうのは、強精剤なんですね。

ところでなぜ赤ワインが血かといいますと、いわゆる野菜や果物の中に入っている紫色の色素とは、植物の血液であり、人間の血の代用品なのであります。
日本では、ルーマニアワインはあまり馴染みがないかもしれませんが、昔から、フランスワインよりも、ハンガリーワインよりも、ルーマニアワインの、特に赤ワインが強精酒として世界では有名なのです。
1杯「マルモロート」を飲んだら、女性とて身体に英気がみなぎり、エッチモードになること間違いなし

甘くて飲みやすい「メドヴィナ」

勢いを付けたい女性にも

勢いを付けたい女性にも

勢いが欲しい、、、でもお酒は苦手
という人もぜひお試しを

甘くて飲みやすい、チェコ生まれの「メドヴィナ」は、原料がハチミツなので、女の子に好かれないはずがないお酒

ハチミツがそもそも媚薬効果アリ

会話を楽しみながら、ゆっくりと舌の上を転がすように飲むのがいいのです。ハチミツ自体が媚薬食材でもありますから、1杯飲んだら、彼女はもう「メドヴィナ」の媚薬効果でエッチモードに入っているかもしれませんよ。

香りと度数がヤバイ!「グラッパ」

専用のグラッパグラス

専用のグラッパグラス

おしゃれな見た目にも女性が喜ぶかも?

ぜひ、オシャレな「グラッパグラス」で飲んでください。女の子の目が輝くのを見逃すな!
ワイン醸造のブドウの搾りかすから製造されていて、ブランデーの部類に入る「グラッパ」は、恋愛に積極的な明るい女の子とグラスを傾けたいお酒です。香りが媚薬効果を高めます。

度数がヤバい

下手すると

下手すると

先にツブれちゃ元も子もないですね

40度とアルコール度数が高いので、女の子とキツイという感覚を共有していい感じになりましょう。どんな女の子でも1杯でかなり酔いが回ります。

超意外「養命酒」

意外や意外

意外や意外

その度数、ワインと同じくらい

ワイン同等の14度の「養命酒」を毎日1杯で、じっくりとモードを上げていってください!
14種類の生薬で新陳代謝を高めて、元気に導いてくれる「養命酒」は、いまや、若い人にも飲まれていて、媚薬効果があるのです。

効きそうな生薬がたっぷり

強壮効果のある、桂皮やニクジュソウ、反鼻。さらには、血の巡りを良くするヤクモソウといった生薬などが媚薬効果をもたらします。

飲みやすさも魅力の「梅酒」

梅酒~?

梅酒~?

「なんだ梅酒か!」と馬鹿にしているあなたは、梅酒の凄さをまだ知りませんね。

女性だって、梅の持つ、さわやかな風味を楽しみながら、気分はすっきりして、やる気とエッチモードがみなぎることでしょう!

疲れている女性にも

疲れてて出来ない・・・

疲れてて出来ない・・・

そんなときにぜひ

梅酒の梅が多く含んでいるクエン酸は、疲れのもととなる、体内に増加した乳酸を抑えて疲労を回復してくれます。
さわやかな梅の風味で、気分すっきり。やる気もみなぎってくるでしょう。

最強の強精酒!「ハブ酒」

まずは1歩踏み出す勇気を

まずは1歩踏み出す勇気を

見た目・度数・泡盛、、、
これらが敬遠されがちですが意外と飲んでみると?

ハブ酒とハーブを含む薬草13種類のブレンド酒が「ハブ原酒」です。原料が泡盛の35度ですが、これが意外と飲みやすくて美味しいのです。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

「オナホと言ったらダブルスだろ」一つのオナホで姉妹丼が体験できる『ダブルス~うずうず…

オナホでもダブルスというのがあるらしい。一つのオナホで姉と妹、両方が味わえるオナホ『ダブルス~うずうず姉とひ…

takatakatan4953 / 5459 view

Amazonで2016年上半期に売れまくっている人気オナホールランキングまとめ【使用…

2016年上半期の「Amazon 2016年 アダルトグッズ年間ランキング」が発表されました。 今売れてるオ…

chanebi / 12352 view

【オナホ】「これは未来のオナニー」エロゲ、エロアニメと連動する電動USBオナホ、Cy…

エロゲ、エロアニメと連動する電動USBオナホ『CycloneX10』についてまとめ。 エロゲ、エロアニメ、A…

Campus / 10947 view

【耳姦オナホ】まさかの耳姦オナホ「耳で済ませば」が世界初登場!!秀逸なネーミングセン…

耳姦オナホ「耳で済ませば」という世界初の商品が登場。実際に使ってみた感想やレビューなどを交えて耳姦オナホとは…

takatakatan4953 / 6325 view

女性向けオナニーグッズ「ラブパートナーピストンファッキングマシーン(23,000円)…

ハンズフリーでイケる全自動ピストンバイブ「ラブパートナー」という新時代のオナニーグッズが発売。全く新しい装着…

takatakatan4953 / 8208 view

その他おすすめの記事