戦国時代

「川中島の戦い」

「川中島の戦い」

応仁・文明の乱以後の乱れた世相を、当時の公家が古代中国の「春秋戦国時代」の乱世になぞらえ「戦国の世」と表現したことに由来する。

一般に1467年の応仁の乱または1493年の明応の政変に始まり、豊臣秀吉が関東・奥羽に惣無事令を発布した1587年、または豊臣秀吉が小田原征伐で後北条氏を滅亡させ全国統一の軍事活動が終了した1590年、もしくは奥州で発生した九戸政実の乱を鎮圧した1591年までとされることが多い。

各地を武将が治めていた

有名どころがズラリ

有名どころがズラリ

全国に色々な国がありますね。
中でも特に群雄がひしめいていたのが関東~中部地方で、そのため「信長の野望 Online」もその周辺が舞台となっています

地図には 「徳川」 や 「豊臣」 がありませんが、これらは戦国時代の後期になって、やっと台頭してきた勢力です。
当初は徳川家康は今川家の配下、豊臣秀吉は織田家の配下に過ぎませんでした

かつての日本の性観念

最近不倫がゲスいとかいわれてるけど

不倫・不貞で

不倫・不貞で

不倫だゲスだと、近頃世間では、やたらと性の「純潔」さが求められる様子。しかし、日本人が性に「純潔」を求め始めたのは、いつからなのだろうか。

「不倫イヤー」と言っても過言ではないほど、芸能界を不倫スキャンダルが駆け巡った2016年。年始早々のベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音に始まり、その後もあるわあるわ「ゲス不倫」の数々。
芸能人の不倫が相次ぎ、ニュースやネット上では、当事者たちへの批判やバッシングが降り注いでいる。もちろん不倫はいけないことで、彼らが批判されるのも当然。ただ、最近の過熱ぶりを見ると、「昔よりも、不倫への批判が激しさを増したのでは?」と思うこともある。

日本はもともと性におおらかな国だった

これが日常だった?

これが日常だった?

性の楽しみ方は貴族と庶民では違いましたが『裸になれば一緒』という考え方は共通していて、セックスを自由に楽しんでいたらしいです

「古来、日本人の性観念は非常におおらかで、セックスは趣味のひとつという位置づけでした」
作家で歴史家の加来耕三氏は、こう断言する。

「明治維新の頃、性に関してとくに厳格だったヴィクトリア朝時代の欧米の価値観が日本に入ってきました。一夫一婦制が『正しい』とされ始めたのもその頃で、日本では古来、立派な人格者でもお殿様でも側室や妾を抱えていました。貴族は男も女も和歌を詠んで異性を口説き、庶民は春と秋の年に2回開かれる祭りの日に野合(フリーセックス)を楽しんでいたのです。

戦国武将は変態だらけ?

「英雄、色を好む」とはよく言ったもので、歴史に名を残す日本の偉人にも、男女を問わず伝承を残した人物が多い。
性のエネルギーに溢れた人々が動かしてきた日本の歴史。その起源をたどると、はるか古代から日本人の意識の根底に脈々と受け継がれてきた、命を生み出す性への信仰が感じられる

ガチホモだった「武田信玄」・美少年に狂った織田信長

同性愛が特別なことじゃなかった

同性愛が特別なことじゃなかった

戦国時代において、同性愛はデフォルト(標準)の性癖であったことは、そこそこ有名

戦国時代から江戸時代は、男性同士の関係が目立つようになります。その主な理由は、男女比が7:3と圧倒的に男性の方が多かったことや『戦争前の女性とのSEXは演技が悪い』とされていたこと。
ある男は男色の欲求に駆られればその欲望を満たし、美しい女性に会えば、すぐに邪念が起こる
武田信玄

武田信玄

武田信玄というと、男の中の男というイメージを抱くだろう。が、実はこの御屋形様、大のオトコ好きだった。
 ある美少年に対して、こんな手紙を送っている。
 ―弥七郎くん以外を愛したことは、今までもこれからも神に誓ってありません。
  お前が嫉妬していると私はオロオロしてしまうんだよ〜

織田信長と森蘭丸

織田信長と森蘭丸

男性同士の愛の方が純愛であるとも言われていました。織田信長と彼が可愛がっていた蘭丸との関係は有名ですね。

未亡人マニア?「徳川家康」

周りの女性を、未亡人で固めた

周りの女性を、未亡人で固めた

家康のスゴいところは、性病は何が原因なのかまでは分からないけれど、遊女と関係を持つと感染するんだ、ということを理解していたこと。それゆえ、彼は自分の周りの女性を、未亡人で固めたんです。子供を産んだ実績もあれば、自分の子供を産んでくれる可能性も高まりますからね

家康は、病気に対する予防意識も人並み以上に高かった。戦国の勝者と言える家康だが、病気に対する予防意識も人並み以上に高かった。梅毒に対しても、性交渉から感染することを正しく理解していて、むやみなセックスは控えていたそう。
徳川家康には正室が2人と、側室が16人以上いましたが、特徴的だったのは家康が未亡人ばかりを選んで側室にしていたことです。これには理由があって、加藤清正や浅野幸長ら同時期の武将たちは梅毒で死んでいる。その多くは遊女から感染したのです。

寝取り大好き「徳川綱吉」

部下の妻を・・・

部下の妻を・・・

家臣の妻と寝たがることで有名だった。

武家の間では、位の高い武士を家に迎えた下級武士にとっては、一夜の相手として妻を差し出すことが最大のもてなしだったのです。

綱吉の代で特徴的だったのは、側用人だった牧野成貞という家臣。彼の妻・阿久里は、元々綱吉の母の侍女をやっていて、その縁で牧野と夫婦になりました。その後、まもなく2000石だった成貞の石高が、6倍の1万2000石に跳ね上がったんです。綱吉が、好んで成貞の家に通ったという記録も残っていますし、そのたびに自分の妻を差し出していたんでしょう。やがて、阿久里を気に入った綱吉は、彼女を自身の側室の一人として迎え入れるのです

当時最悪の変態とされていた「豊臣秀吉」

処女厨で女狂い

処女厨で女狂い

「処女がいい!若いのがいい!」というのは、現代のネット界隈の一部の男どもにとって、永久不変の法則だと思っているふしがありますが、さにあらず。

男色の気が一切なかったのが異常とされた

男色の気が一切なかったのが異常とされた

名だたる戦国大名で美少年に関心がなかったのは、大の女好きの豊臣秀吉ぐらいのもん

大の女好き、いや女狂いというレベルであった秀吉は、ことさら「身分の高い女」には目がなかった。信長や家康など他の大名は、そんなコトなどほとんど執着しなかったのに、なぜ秀吉だけが?
 それは、ずばり女についての教育の差だ。
 戦国時代でも信長や家康など大名の家に生まれた人間は、女について徹底的に帝王学を学ばされた。
 『処女がいいとか、年下のお嬢様がいいとか言うな。むしろ未亡人や年上こそが大名の妻にはふさわしい』
成り上がりの秀吉は、戦争や政治については長けていても、女についてはそんな高貴な教育は受けていない。出世すればするほど、格上の女性が欲しくなっていった。

宣教師「ルイス・フロイス」も当時の日本にドン引き

ルイス・フロイス

ルイス・フロイス

ルイス・フロイス(葡: Luís Fróis [luˈiʃ frɔjʃ]、1532年 - 1597年7月8日(慶長2年5月24日))は、ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。

1563年(永禄6年)、31歳で横瀬浦(現在の長崎県西海市北部の港)に上陸して念願だった日本での布教活動を開始。日本語を学んだ後、1564年(永禄7年)に平戸から京都に向かった。1565年1月31日(永禄7年12月29日)に京都入りを果たし、ガスパル・ヴィレラや日本人修道士ロレンソ了斎らとともに布教活動を行った。

そんなルイス・フロイスが見たの本の変態性とは・・・?

処女性の欠落

処女厨 (しょじょちゅう)の始まりか?

処女厨 (しょじょちゅう)の始まりか?

「厨房」の一種で、「女性が処女でない」事を理由に対象やその周囲に迷惑行為を行う者を指す。

「処女信仰」と呼ばれる思想は古今東西に見られ、現代日本でも当然に認められる(※)ものではあるが、処女厨の場合はそれを「処女で無ければ人に非ず」といった態度で積極的に口外する過激派である。
高校生以上の厨房は数多いが、中でもひときわ層が厚く、女性に関する話題であればジャンルを問わず現れてセクシャルハラスメント一色に染めてしまうため多くの騒動の引き金となっている。

フロイスは、「日本の女性が処女の純潔を少しも重んじることなく、処女でなくても名誉を失わなければ結婚もできる」と述べている。
当時の日本人が、処女性にまったくこだわっていなかったことを示す事実である。
キリスト教文化圏における、処女の観念はいかなるものだったのであろうか。キリスト教が誕生したとき、聖パウロは世の中の性行動が不道徳であったため、独身・童貞・処女が望ましいと考えていた。女性だけではなく、男性も含めてということである。


この禁欲説を体系化したのが、古代のキリスト教学者・アウグスティヌスである。アウグスティヌスは、アダムとイブの子孫である人間は罪を負っているとし、性的な快楽は悪であると定義づけた。

したがって、性的な行為は、あくまで快感を伴わない、生殖のみを目的としたものでならないとした。ヨーロッパで性の解放が叫ばれるのは、ずっと後のことである。


以降、フロイスら宣教師たちは布教の際に風俗矯正に尽力し、日本人信徒の間に純潔を尊ぶ観念を根付かせるのに奔走したといわれている。

女性の自由さ

出かけた先は・・・

出かけた先は・・・

夫以外のオトコ
なんてこともあたりまえだった?

日本の娘たちが両親に断りもしないで、何日も一人で好きなところに出掛けていることに驚いたと述べている。これは、戦国時代であっても女性の一人旅が盛んだったことを示している。フロイスは遠慮がちに記述しているが、これは恐らく男性との性的な交渉を持ったことを示唆しているのであろう。
当時は暗い夜道を女性が一人で歩くということは、下手をすれば強姦される可能性を含むことでもあった。フロイスは強姦という危険性を感じて、先のとおり書いているのである。ちなみにフロイスによると、ヨーロッパでは娘や処女を家に閉じ込めることは大事なことで、厳格に行われたと記している。

肌の露出

日本の文化、混浴

日本の文化、混浴

肌見せの抵抗を減らす原因だったのかもしれない

当時の日本人女性は、欧米人のように肌を隠す習慣がなかった。腕や足を露出したり裸足で歩いたり、肌を露出することに抵抗がなく、フロイスにとってはカルチャーショックだったことでしょう。
文化として根付いていた『混浴』も、女性の露出への抵抗感を減らすひとつの要素であったと考えられます。

まとめ

日本古来の性文化って奥ゆかしくも美しい・・・
なんてことはなかったのですね。
今の日本の性観念や文化はさまざまな政治・社会の変化、倫理観や宗教観の変化、法律的な規制(売買春の禁止など)などが複雑に絡み合いながら、形成された一つの文化ともいえますね。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するキーワード

関連するまとめ

最新アニメ「ばくおん!」や「くまみこ」等のオナホが登場!書いてること全てにセンスを感…

オナホメーカー「チクワーク」から最新アニメのパロディオナホが登場。「ばくおん!」「くまみこ」「マクロスΔ」「…

takatakatan4953 / 5041 view

女性向けオナニーグッズ「ラブパートナーピストンファッキングマシーン(23,000円)…

ハンズフリーでイケる全自動ピストンバイブ「ラブパートナー」という新時代のオナニーグッズが発売。全く新しい装着…

takatakatan4953 / 8513 view

Amazonで2016年上半期に売れまくっている人気オナホールランキングまとめ【使用…

2016年上半期の「Amazon 2016年 アダルトグッズ年間ランキング」が発表されました。 今売れてるオ…

chanebi / 12784 view

【悲報か朗報か】「義理TENGA」がトレンドワード入りで話題!バレンタイン、女性から…

バレンタイン、楽しみな男性とそうじゃない男性が分かれる日ですね! そんな中「義理チョコ」ならぬ「義理TENG…

chanebi / 940 view

ほほえみの国「タイ」の性事情が複雑すぎると注目を集めている

微笑みの国とも呼ばれ、多くの観光客が訪れるタイですが、日本では「ニューハーフ」とか「オカマ」の国でしょ?みた…

chanebi / 3159 view

その他おすすめの記事