燃える・熱いシナリオが魅力のエロゲ「燃えゲー」

エロゲに多いキャラクターが可愛いのが魅力の萌えゲーではなく、熱い展開が魅力の燃えゲーというジャンルのゲームを紹介。

エロゲと言えば萌えがメインになるので作品の数は少ないものの燃えゲーにはファンが多いジャンルでもある。

燃えゲーについて

文字通り「燃え」のゲームのジャンル。

主に生死をかけたガチの硬派なバトルが多く、武器も刀・銃・ロボット・その他近代兵器・そして己の肉体とリアルな物が多い。

そして、何より野郎(男)の扱いが良く、時にはヒロインそっちのけで活躍したり人気を得たりする。

大抵は「漢」「兄貴」「親父」の称号を得る程カッコよく濃いキャラが多い。

主人公も例外ではなく、話が進むにつれて成長するという少年漫画的な熱い展開が多い。

ではここからオススメな燃えゲーを紹介してみようと思う

マブラヴ オルタネイティヴ

マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM版 	 マブラヴ オルタネイティヴ

マブラヴ オルタネイティヴ DVD-ROM版 マブラヴ オルタネイティヴ

ブランド: アージュ
発売日: 2006/02/24
原画: Bou

18禁アダルトゲームというカテゴリーにありながら、巨大ロボット『戦術機』と、地球外起源種『BETA』の戦争を描いた大長編SFという異色の作品である。

三日間徹夜しても終わらない容量と、トラウマ級のハードな展開に、多くのプレイヤーが途中で挫折した。
舞台は2001年、二十年以上も地球外起源種『BETA』と戦い続けて来た並行世界の地球。
1940年代以降の歴史がかなり現実と異なっており、大戦で敗北こそしたものの、無条件降伏をしなかった日本は未だ『日本帝国』として存在する。

既にユーラシア大陸の殆どは奪われ、日本もまた、一部に彼等『BETA』の巣、『ハイヴ』の存在を許している。

戦争している期間が長い為、娯楽が少なく、未だにあやとりやけん玉などが主な遊びである。無論、テレビゲームなどは存在しない。

反面、兵器開発の技術が異常に発達しており、現実では考えられない様なテクノロジーが多く存在する。
戦場の常識も『BETA』によって塗り替えられ、現実では主力である航空兵器は前線から姿を消し、代わりに巨大ロボット『戦術機』が最前線を維持している。

現在、人類側は劣勢。人類は十年経たずに滅亡すると言われており、打開策を模索している。

PC マブラヴ オルタネイティヴ OP - YouTube

出典:YouTube

あやかしびと

あやかしびと

あやかしびと

ブランド: propeller
発売日: 2005/06/24
原画: 中央東口

2005年にpropellerが発売した18禁PCゲーム
燃えゲーであり泣きゲー
2007年にPS2版が、2009年にPSP版が発売された
人妖―。「人妖病」と呼ばれる病気にかかった特殊能力者の総称。
その少年は人妖だった。通常、人妖病患者は政府により地方都市「神沢市」へ強制隔離を命じられるが、少年はその秘めた危険性ゆえ、孤島の特別施設への収容を余儀なくされた。
少年はそこで「すず」という少女と出会い、彼女と共に脱走する。
少年は「如月双七」と名前を変え、神沢市へ潜り込み、平穏な日々を手に入れる―だが、すずの「ある秘密」を目的とし、政府機関や邪な存在たちが彼女を付け狙う。

あやかしびとOP - YouTube

出典:YouTube

シルヴァリオ ヴェンデッタ

シルヴァリオ ヴェンデッタ

シルヴァリオ ヴェンデッタ

ブランド: light
発売日: 2015/02/27
原画: KeG、夕薙

『シルヴァリオ ヴェンデッタ』は2015年にPCゲームメーカーlightの15周年記念作品第一弾として発売されたPCゲーム。
シナリオは同メーカーの『Vermilion ‐Bind of Blood‐』から続く作品を担当した昏式龍也&高濱亮コンビに加えて無義歩が務めている。
原画とキャラデザはこのラインで主流だった泉まひるに代わりKeG・夕薙が担当。
タイトルにあるヴェンデッタとはイタリア語で復讐を意味し、本作では主に『逆襲』という意味で使われる。
王道とは言っても、正義が悪を倒すといった勧善懲悪の正道というわけではなく、どちらかというとその逆。
ある陰謀に巻き込まれた主人公が、なし崩し的に社会的にも実力的にも上の強者に挑まざるを得ない状況の中で戦っていく『逆襲』の物語である。
逆に敵側が、愚直なほどに正道を通す堅物だったり、努力で才能を超えた努力家だったり、どんな逆境でも諦めず立ち上がる勇者だったりと、ことごとく主人公とは正反対の人物であるのが印象的。

シルヴァリオ ヴェンデッタ OPムービー - YouTube

出典:YouTube

凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>

凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>

凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>

ブランド: ニトロプラス
発売日: 2016/01/29
原画: 大崎シンヤ

舞台は2199年、「死にながら生きている」「だが、感情は持てない」、そんな「リビングデッド」という生存形態が存在する世界。

作中では、2099年から地球は寒冷化し始め、2164年から東京は「凍京」と呼ばれるようになる。

作品の名前の由来が「凍京」になっているのは、そんな由来である。
ストーリーはダークで胸糞な展開も多い
昨今流行の主人公無双(所謂俺TUEEEEE)系じゃないのは個人的に少し残念ではありますが
こういうゲームを高いレベルでだせるのはもうニトロ+くらいしかないので
そういった意味じゃ大いに当たりです

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』OPムービー - YouTube

出典:YouTube

蒼の彼方のフォーリズム

蒼の彼方のフォーリズム

蒼の彼方のフォーリズム

ブランド: sprite
発売日: 2014/11/28
原画: 鈴森、悠木いつか

前作『恋と選挙とチョコレート』で話題を集めたspriteの2015年現在の最新作。
空を駆ける架空の競技「フライングサーカス」(以下FC)を主体とした、スポーツと恋愛を合わせた作品。
完成度の高い設定と、真っ直ぐかつ王道な展開が見事に融合し、発売わずか 2ヶ月 で『萌えゲーアワード2014』で最も支持された作品に選ばれた。
公式略称は『あおかな』。
―空を飛ぶ事が自転車のように簡単にできるようになった、世界―

流行のスポーツである「フライングサーカス」の選手で、将来を有望視された主人公、日向晶也は圧倒的な敗北のショックと、ある理由から競技を離れていた。そんなある日、空を飛べないと言うひとりのヒロイン、倉科明日香がクラスに転校してくる。彼女に頼まれて空の飛び方を教えていくうちに、晶也はかつての情熱を取り戻し、クラスメイト達と共に、そして明日香の手を握り、晶也は再び「フライングサーカス」の舞台へ...。

―「空を飛ぶ」事を巡って出逢ったふたりとその仲間たちが送る青春恋愛ストーリーが今、始まる―

蒼の彼方のフォーリズム OPムービー - YouTube

出典:YouTube

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【朗報】ゆずソフトの新作エロゲ、『千恋*万花』の売り上げがもの凄いと話題に!

今年7月に発売されたゆずソフトの新作エロゲ、『千恋*万花』の売り上げかもの凄いと話題に。 ゆずソフトの第9作…

ZERO / 12139 view

【エロゲ】働くオトナの恋愛事情が好評なのでゲーム紹介と感想をまとめてみた

2016年1月29日「あかべぇそふとすりぃ」から発売された『働くオトナの恋愛事情』。 一見シナリオメインのゲ…

poipoi / 8446 view

【エロゲー】ニトロプラスの放った究極の純愛ゲーム「沙耶の唄」。愛の前にはあらゆる障害…

沙耶の唄といえば、知っている人も多いエロゲーではないでしょうか。 なんかグロイ肉と恋愛する、端的にいえばそん…

ふじた / 4991 view

【随時更新】新作エロゲの発売情報はここでチェック!予約で人気を集める話題のエロゲ最新…

こちらは新作エロゲの発売情報をまとめてチェックしたい人向けの記事です。有名ブランドの新作や予約数で人気を集め…

ぱる / 9734 view

3月発売のエロゲをカタログ的にまとめと予約ランキングから人気・期待度をチェック

3月25日発売するエロゲを一覧にしてOP動画などを交えながら紹介。 この中から人気が出そうなエロゲを予約ラン…

ぱる / 1743 view

その他おすすめの記事