千の刃濤、桃花染の皇姫はかわいい女の子と重厚なシナリオを楽しむゲーム!

千の刃濤、桃花染の皇姫はこんなゲーム!

過去を失った武人・鴇田宗仁は 主 を求めていた。
鍛え上げられた白刃は、忠義のために振るわれねばならない。

その日、運命に導かれ二人は出会う。
往く先にあるのは失意か祝福か。 答えを知る者はどこにもいない。

ブランド: オーガスト
定価: ¥9,800 (税込¥10,584)
発売日: 2016/09/23
メディア: DVD-ROM+DLカード
ジャンル: 忠義と愛のADV
JANコード: 4935066305324
原画: べっかんこう、夏野イオ
シナリオ: 榊原拓、内田ヒロユキ、安西秀明
音楽: ActivePlanets

『千の刃濤、桃花染の皇姫』 OPムービー - YouTube

出典:YouTube

公式サイト

「千の刃濤、桃花染の皇姫」の素敵ポイント!

純愛メーカーのオーガストさんらしく、綺麗で可愛らしいビジュアルと、心が温かくなるような「萌え」を意識したストーリーが特徴です。
それでいてコメディだけに終始することなく、しっかりとストーリーの芯は作りこんでいて、物語としてもしっかり楽しめる作りになっていました。
どうしたら女の子が可愛くなるのか? ということを意識して作られた作品になっています。

個別の扱いがちょっとなぁと思う以外は非常に楽しめましたし諸悪の根源さんは憎ったらしいしセミがやたらリアルに描かれているし何より女の子が可愛い

ただやはり学校の設定の存在に首をひねる作品でもあったかなぁと

前作を省みるならアペンド的なFDサムシングが出そうな気がしますねぇ・・・

兎にも角にもやってて楽しかった作品だったのでおすすめです
全体的な一本のシナリオとしては、かなり気合の入ったものであり、
レベルの高い作品になってました。

特に光るのは演出、テキスト(言葉)の言い回しであり、
シナリオ自体はそれに磨かれたおかげで
魂の一本の作品に仕上がっているように感じるのかなと思ってます。

「千の刃濤、桃花染の皇姫」を彩るキャラクターたち!

  宮国 朱璃 (みやぐに あかり) CV:遥そら

先代皇帝の一人娘であり、最後に残された正統なる帝位継承者。
敗戦時の混乱のなか、皇帝であった母親を亡くすも辛うじて敵国の手から逃れた。
その陰には、主人公・宗仁の獅子奮迅の働きがあったと言われている。

戦後は身を守るため正体を隠し、王家を再興すべく臥薪嘗胆の日々を送ってきた。
宗仁が通う学園に転校してきたことにも、何か目的がある様子。

生まれながらの高貴さを持ちながらも感情表現は豊か。
上品かつ屈託のない笑顔には誰もが心を奪われる。
嬉しくても悲しくても泣いてしまうタイプで、周囲にからかわれないよう必死に涙をこらえていることも。

鴇田 奏海 (ときた かなみ) CV:猫村ゆき

鴇田 奏海 (ときた かなみ) CV:猫村ゆき

戦後すぐに即位した皇国の皇帝・通称 “翡翠帝” 。
国民に絶大な人気を誇り、可憐な姿と涼やかな声は敗戦で傷心する民を癒やしてきた。

先代皇帝の娘とされているが、正体は宗仁の義妹であり、王家と血の繋がりはない。
その素性は最高機密とされ、兄妹ともに互いが生存していることすら知らない。

性格はかなり控えめ。 男性の数歩後ろを静かについていくような奥ゆかしさがある。

椎葉 古杜音 (しいのは ことね) CV:小鳥居夕花

椎葉 古杜音 (しいのは ことね) CV:小鳥居夕花

二千年前から王家に仕えてきた巫女一族の末裔。
幼少の頃から厳しい修行を積み、現在は与えられたお役目に身を捧げている。
普段の様子を見るに、誰か探している人物がいるらしい。

明るく奔放な性格でポジティブ思考。 いつも周囲を明るくする。
自身を大人だと言い張るが、好物の前で頬が緩んでしまうなど、まだまだ可愛らしい。
趣味は宗仁のお世話。 お弁当を食べさせないと自分が体調を崩すのだとか。

稲生 滸 (いのう ほとり) CV:波奈束風景

稲生 滸 (いのう ほとり) CV:波奈束風景

代々続く武人の家の生まれ。
宗仁とは幼なじみで、同じ剣術道場で共に汗を流していた。

戦争では明義隊の隊長として奮闘するものの、部隊は壊滅。
奇跡的に一命は取り留めたが、多くの仲間を失ってしまった。
現在は武人階級をまとめ上げ、母国の独立のために活動しており、
最近は組織の活動費を補うために秘密のアルバイトをしているらしい。

多人数でいる時はクールで口数が少ないが、宗仁と二人きりになると一生懸命に話す。
記憶を失った彼の身を案じ、一番近くで支えてきた人物。

エルザ・ヴァレンタイン CV:奏雨

エルザ・ヴァレンタイン CV:奏雨

学院の生徒会長を務めると同時に、共和国政府のスタッフとしても働く少女。
敵国のトップの娘であることは広く知られ、その言動はいつも注目の的。
皇帝や武人といった特権的身分制度を解体し、平等な世界を作ろうと考えている。

人柄は穏やかで誰からも慕われる温和な雰囲気を纏っているが、
皇国人に対しては異国の言葉でキツい発言をしてしまうことも。
皇国の文化は嫌いだと言い張りつつも、お風呂だけは例外らしい。

伊那 子柚 (いな こゆず) CV:羽鳥いち

伊那 子柚 (いな こゆず) CV:羽鳥いち

伊那家は武人としては珍しい隠密の家系で、奉刀会で密偵として活躍している。
戦時中に命を救ってくれた滸を熱烈に慕っており、滸と親密な宗仁に対抗心を燃やす。
性格にはやや幼い面もあり、数馬などにはからかわれることも。

鴇田 宗仁 (ときた そうじん) CV:春野風

鴇田 宗仁 (ときた そうじん) CV:春野風

先の戦争において、家族だけでなく過去の記憶まで失った武人。
戦後は稲生家で世話になっていたが、現在は一人暮らし。
町の花屋『糀谷生花店』で働いている。

性格は武人らしく、冗談の一つも言えないくらい実直そのもの。
ただ最近は花屋の仕事のお陰か、肩の力が抜けてきたともっぱらの評判。
道場で師範代を務めていたほどの剣の腕を持ち、主がいなくなっても鍛錬は怠らない。

巫女さんとのエッチ。
着物から見える巨乳にむらむらする人も多いと思います。
しっかり攻略できますよ!

和風な世界観と思いきや下着はきちんとイイのはいてます。
この恥ずかしがりながら主人公だけには、って見せてくれるの、いいですよね!
最高!

「千の刃濤、桃花染の皇姫」の感想&レビューまとめ!

こうして感想を書いて見ても、僕の幼稚な語彙では表しきれないほどの感動が込められている最高の作品でした。不満点をあげようと思えば、いくつか挙げられるものの、宗仁と朱璃の関係としてみればこれほどまでに美しく愛と忠義を描いた話はあったでしょうか。あと一歩戦闘シーンの盛り上がりに気を使っていれば間違いなくエロゲ史に残るほどの名作となっただけに非常に悔やまれますが、値段を超えて十二分に満足出来たので良しとします。
間違いなく名作…!だけど所々惜しい…!

久しぶりに最初から最後まで没頭できるゲームしたなー…というのが最初の感想。
シリアス寄りのストーリーにダレすぎない程度の日常パートがちょうどよかったです。
総合評価☆4つで。歴史の転換点をみているのだとしたら殿堂入りしなくちゃいけないのでしょうけど、それは未来の人が決めること。
わたしには「個別では二千年ロボの設定、放置だったなぁ」というのと、子柚を便利よく使ってしまった(唯一のチビキャラとして、もう少し拾ってあげてほしかった)のが気に障ったので、☆1つ減らしました。

「千の刃濤 桃花染の皇姫」は萌えとシリアスの割合がちょうどいい!

千の刃濤 桃花染の皇姫は全体的にシリアス気味なシナリオなのですが、時折挟まれる日常パートがほっと胸をなでおろさせてくれます。
キャラクターたちもどれもが魅力的で、どのキャラが好きか?と聞かれたら悩んでしまうこと間違いなし。
シナリオのためのサブキャラクターたちも格好よく、続きが気になってしまい、すぐにクリアしてしまうことでしょう。
また、フラグ管理という面倒なものを廃した点も個人的にはうれしいところです。
次の作品も是非この方式でやってもらいたいと思いました。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

主人公が女装するエロゲには隠れた名作が多い!女装エロゲ作品おすすめまとめ

作品の数は少ないけど実はファンが多い女装ものエロゲ。男の娘ではなくあくまで女装男子が主人公というテーマの作品…

オレンジ / 5184 view

クリスマスの時期にプレイしたい冬が舞台のオススメエロゲまとめ

クリスマスの日はエロゲをプレイするのがエロゲオタクのスタイル。 ということでこの冬の季節でプレするのにぴった…

ぱる / 1823 view

【エロゲ】「早くも今年一番のエロゲ決定?」シルキープラス新作『あけいろ怪奇譚』が面白…

早くも今年一番のエロゲ登場か!?と噂される『あけいろ怪奇譚』についてまとめ。 「古き良きエロゲ」「読ませるエ…

Campus / 2063 view

【エロゲ】変身ヒロインもの抜きゲ「WIZARD LINKS」は凌辱物やハーレムなど属…

エロゲブランド「筆柿そふと」から発売された抜きゲ「WIZARD LINKS」の感想や評判まとめ。 密かに発売…

オレンジ / 4708 view

【エロゲ】こだわり尽くしたエロスと肉感!!てにおはっ!2はシコ度満点の抜きゲー【感想…

rootnuko+Hから出たエロゲ「てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~」の感想や評判…

オレンジ / 9765 view

その他おすすめの記事