外国人に日本のウォシュレットが人気

普段何気なく使っているけど

普段何気なく使っているけど

日本のトイレの技術って何気にスゴイことなんです。

訪日外国人数が年間2,000万人を超え、高まる日本人気の中でまさに“裏”クールジャパンなガジェットがウォシュレットだ。日本訪問をきっかけに海外の人々にも着実に認知が広まっているとも言えるウォシュレット
日本の空港でトイレを使ってみたら便座は温かいし尻はピカピカになる
シカゴに到着してトイレに行くと5回は紙で拭かないといけない・・・
なんで第一世界の国ではこれがスタンダードにならないんだろう?
乾いた紙を使うなんて文字通り野蛮だし、
みんなだって自分の手を使って紙で汚物を拭き取りたくないでしょ

お尻を「汚したい」という衝動、理解できる?

キレイにしたい部位のハズだが

キレイにしたい部位のハズだが

清潔志向とは反対に、お尻を汚してみたいという“衝動”に駆られたことあるだろうか? もしあるとすれば立派な“フェチ”かもしれない。

わかりそうでやっぱり理解できない、ひょっとして自分にもその要素があるかもしれないがどうしても自覚を伴わない……、数ある“フェチ”、つまりフェティシズムに接したときに多くが感じることではないだろうか。

この動画が話題になっている

Cake Holes - YouTube

出典:YouTube

動画では生クリームたっぷりのデコレーションケーキや、カラフルなゼリーを使ったデザートなどが次々とお尻で押し潰されていて、何か現代芸術のパフォーマンスのような感すら受ける。


動画をみてムラムラっを来たアナタ、新しいフェチに目覚めかけているかもですよ

カラフルに盛り付けられたデコレーションケーキを、裸のお尻で押し潰す動画が一部で話題だ。にわかには信じ難い行為とビジュアルだが、これはある種の人々の願望を叶えるアクティビティ(!?)なのである。

この衝動、ちゃんとカテゴリがある

ウェット&メッシーやスプロッシンング(sploshing)と呼ばれている

ウェット&メッシーやスプロッシンング(sploshing)と呼ばれている

AVにもジャンルが存在して流通しているので
ちゃんとある程度の需要があるみたいです

動画で“願望”を満たしている人々とは、ウェット&メッシーやスプロッシンング(sploshing)と呼ばれるジャンルに属するフェチな人々である。彼ら彼女らは、お尻でデコレーションケーキの上に座り込むことで、性的な興奮さえ得ているというから感慨深い

ウェット&メッシー

そういえば見たことあるかも

そういえば見たことあるかも

ウェット&メッシー(WAM)とは、フェティシズムの一種。人が他者、または自分自身を着衣のまま、ないし全裸の状態で濡らしたり、さまざまな物で汚したりするような性的嗜好。

ウェット&メッシーは皮膚が何らかの液体(半液状を含む)にまみれて“浸って濡れる”ことが主眼であり、生クリームやローションが使われることが多いが、着衣のままズブ濡れになる行為も含まれるという。
濡れフェチと言われることも

濡れフェチと言われることも

確かに“濡れたTシャツ”コンテストなどは見ている側もエロい気分になるが、ウェット&メッシー嗜好の人々側としては、濡れたTシャツが肌に張りついた感触に興奮をおぼえるのである。

濡れた衣類によって異性の身体特徴が強調される、透けることに性的興奮を感じる。
衣類を着たまま濡れることにより社会的規範からの解放や束縛の排除の代償とする。
濡れた衣類が全身に密着して身体全体を愛撫されているかのような快感を感じる(女性に多い)。

使われる素材もさまざま

金粉

金粉

なんかゴージャス

飲食物

飲食物

もったいない!とかの声がすぐに挙がってきそうなので
TVの地上波では別の意味で難しいですね

泥とかもこのジャンル

泥とかもこのジャンル

泥レスリングとかこのフェチの人から見たら堪らないのか・・・

絵の具・インク・ペンキ

絵の具・インク・ペンキ

なんか楽しそうにも見えますね

スプロッシング(sploshing)、スプロッシング・パーティ

“スプロッシュパーティー”(生クリームなどを体に塗りたくりあうパーティー)
TVでもおなじみのパイ投げ

TVでもおなじみのパイ投げ

パイで汚れる女性に何とも言えない興奮を覚える嗜好が人間にはあるのかもしれませんね

「スプロッシュ」という専門誌が1989年にイギリスで創刊されたことが「ウエット&メッシー」という新しいジャンルが認識されるきっかけだった。「濡れる」と「汚れる」を意味するその言葉に含まれるのは、着衣のままプールに入ったり水をかけられたりして「濡れて透ける」エロティシズムやその体験、また、泥やペンキ、食物などにまみれて「グチョグチョになる」行為である。それらは女を汚すという「汚辱プレイ」であると同時に、大人たちを社会的な拘束から解き放ち、童心に帰って戯れる無邪気さに溢れている。
日本には「女体盛り」として

日本には「女体盛り」として

やはり人間に潜在する嗜好なのかも

これもスプロッシュ

これもスプロッシュ

なんかこれならかなり入りやすいかも

欧米では「フェティッシュ・パーティ」と呼ばれるドレスコード(服装規約)を設けた変態たちの社交場が受け入れられ始めたころで、変態初心者にも入りやすい趣味のジャンルが求められていた。日本でも90年代に「SM」や「ボンデージ」が一般マスコミでもてはやされたとき「ソフトSM」なる言葉が使われたが、「ウエット&メッシー」もまた「痛くない」「スカトロじゃない」という意味で普通の女の子たちを口説き落とせるソフトなフェチの世界だったのだ。

超絶注意!決して「スカトロ」ではない

明確に分けられている

明確に分けられている

排泄物を使って汚すのはウェット&メッシーの嗜好とは違う。

誤解されやすいのだが、このウェット&メッシーはスカトロ趣味とは方向性がまったく違うものであるということ
人間の排泄物を主題としたスカトロジーとは現時点では明確に区分される傾向が強い他、ボディペイントや金粉などに代表されるような、「汚すのではなく、人体を何らかの物質で覆う、あるいは装飾を施す」行為を主題とした傾向も強く見られるため、ウェット&メッシーの範疇の全てが「汚す」と「濡らす」を満たすわけではない。

まとめ

動画そのものが話題になったのは最近ですが嗜好そのものは
けっこう古くから認知されてきたもののようですね。
このまとめでなんだかムラムラっときてしまったアナタ
新しい扉が開きかけているかもしれませんよ。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【ASMR】中毒者続出!脳までとろけちゃう催眠オナニー、耳舐め耳かき添い寝エロボイス…

中毒者続出のエロ音声オナニーについてまとめ。 催眠耳舐め耳かき添い寝、オナ声喘ぎ淫語にちゅぱ音、エロ音声の世…

Campus / 188976 view

魅惑の猿轡画像シリーズ。僕は王道を往く、ボールギャグですね編

そうですね・・・やっぱり僕は、王道を往く、ボールギャグですか。 ボールギャグ画像といっても、ピンキリですけど…

shinshi69 / 1788 view

冬でもスク水の二次エロ画像が見たい!!!

スク水の女の子は一年中見ていたい。それくらいの魅力がスク水にはあると思うんだ。

オレンジ / 1828 view

有名アダルトサイトで2016年、日本から検索されたカテゴリNo1が「HENTAI]だ…

海外大手アダルトサイトが2016年の検索ワードの統計を発表され、日本から検索されたワードの1位が「HENTA…

chanebi / 375 view

魅惑の猿轡画像シリーズ。ビットギャグ(バイトギャグ)にはペットプレイがやはり似合う編

バイトギャグとポニーガールの相性は異常。 ということで、今回はポニーガールの画像をピックアップ!

shinshi69 / 2522 view

その他おすすめの記事