『Fate』には続編が存在した!

『Fate/hollow ataraxia』(フェイト ホロウ アタラクシア)は、TYPE-MOONより2005年10月28日に発売された伝奇ビジュアルノベル。『Fate/stay night』のファンディスクであり、続編にあたる。

 そういうわけで、『Fate/hollow ataraxia』は『Fate/Stay night』の唯一の正統続編です。もっとも、『Fate』の直接の後日談が語られるわけではなく、変形的な意味での続編ということになります。

 しかし、そのクオリティは『Fate』に比肩するものであり、『Fate』をプレイした人はこちらもやっておくべきであることは間違いありません。以下、そんな『ホロゥ』について解説してみました。

この作品のみどころ

 遠坂凛の魅惑のボディ。いやあ、美少女ですね。

戦いの物語であった前作から一転し、今作では穏やかでコミカルな日常を過ごしつつ、その裏に隠された「真実」に近づいていくという形になる。前作では敵として登場したキャラクターや出番の少なかったキャラクターも多く登場し、前作では語られなかった側面が補完されている。

TYPE-MOONの他の作品『歌月十夜』と同様にイベントフラグがオートセーブで累積されていくシステムを採用しているが、『歌月十夜』の問題点だった、一度しか見られないイベントや見逃したイベントを見るには一からやり直さねばならない部分を改善し、選択マップで重要性のマークを表示する事で分かりやすくしている。またTYPE-MOON作品で初めて回想モードを採用しており、見逃したイベントもクリア時に見ることが出来る様になっている。

今作でも本編である『hollow』パートでは前作のシナリオ担当奈須きのこが執筆しているが、それ以外の日常シーンのほとんどや、後述の『eclipse』の「後日談。」以外のシナリオは、奈須以外のサブライターが執筆している。

本作は『Fate/stay night』の続編とされているが、正確には『Fate/stay night』の3ルートいずれの後日談にも該当せず、武内により「各ルートの後ではなく、『Fate/stay night』というものにあてられたカウンター」という表現が用いられ、武内は「基本的にはプレイヤーさんの気持ちで解釈していただいて良い部分ではないかとも思います」、奈須は「我々としてはユーザーさんの想像にお任せしたいと思っています」とそれぞれコメントしている。

初回限定版にはタロット風サーヴァントカードが、公式通販特典として小冊子『Fate/side side materiale 2』が付属した。
Windows Vista / 7 / 8などで遊ぶ場合、このディスクはそのままだとディスクチェックを通過できず遊べないため、TYPE-MOON ユーザーページにてパッチをダウンロードする必要がある。

2013年5月25日発売の『月刊少年エース』2013年7月号より(角川書店)でコミカライズ版が連載を開始した。作画はアルティマエースや月刊Asukaにおいて『Fate/Zero黒』を連載していた雌鳥が担当している。
2014年1月30日発売の「TYPE-MOONエース」Vol.9にて、PS Vitaへの移植(移植の際、18禁CG及びシナリオの削除とコンシュマー向けにシナリオ改定と新規CGの追加)が発表され、2014年11月27日に発売された。フルボイスとなり、新たに挿入される2本のOPアニメーションをTVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」やPS Vita版「Fate/stay night [Réalta Nua]」で3ルート全てのOPアニメーションの制作を担当したアニメ制作会社ufotableが務める。限定版も同時発売され、ねんどろいどぷち「アヴェンジャー」と設定資料集が同梱される。

『Fate/hollow ataraxia』のストーリー

 各ヒロイン勢ぞろいのお風呂。こんなところにラッキースケベしたい(たぶんマジで殺されるけれど)。

第五次聖杯戦争の終結から半年後。そこには再び現界したサーヴァントとの穏やかな日常が存在していた。ありえない現実でありながら、それらに疑問を抱かない前聖杯戦争参加者達。そして存在しないはずの聖杯をかけて、聖杯戦争が再開しているという。そして夜になると冬木の町は謎の獣とそれを率いるように立つ少女が現れるようになる。前回の聖杯戦争の勝者である衛宮士郎はこの不可思議な事態の調査・解決に乗り出す。ロンドンから帰国した遠坂凛、謎の意図を持って士郎に助言するギルガメッシュ、そしてパートナーであるセイバーらの協力を得て、士郎は再開した聖杯戦争の真相に迫っていく。それは士郎だけが実感として覚えている、繰り返される四日間だった。

夜、半年前に魔術協会からマスターとして冬木に派遣されていたバゼット・フラガ・マクレミッツは、曖昧な記憶を抱きながら、契約するサーヴァント・アヴェンジャーとともに聖杯戦争を戦っていた。サーヴァントの低性能も相まって敗れ続けるバゼットであったが、いかに敗れても聖杯戦争1日目に巻き戻るという形で蘇生することを知る。バゼットはそれを利用して、ついに最強のサーヴァント・セイバーを打ち破るが、聖杯戦争は4日間の制約によりそれでも1日目に巻き戻ってしまう。痺れを切らしたバゼットはアヴェンジャーの忠告を無視して昼間の冬木に現れ、「第五次聖杯戦争が半年前に終結している」という信じがたい真実を知らされる。そして混濁した記憶の中に残る「言峰綺礼」の名を聞き、遂に前回の聖杯戦争の真相「バゼットは、信頼の情を寄せていた言峰綺礼によって、騙し討ちに遭って殺害された」という事実を思い出す。アヴェンジャーは、この繰り返しは彼女の「死にたくない」という願いを具現化したものであると語る。絶望したバゼットは「もう終わらせよう」と言うアヴェンジャーを跳ね除け、生き続けるために聖杯戦争の続行を決断する。

士郎と同じく事態の解決を願い、また再開された聖杯戦争の真実を知る少女カレン・オルテンシアと出会った士郎は、繰り返される四日間の真相に突き当たる。そしてすべての真実を知るイリヤスフィールの助言を得て、士郎は遂に自らの正体が「衛宮士郎の皮を被ったアヴェンジャー」であることを悟る。士郎はアヴェンジャーとして聖杯戦争とバゼットを止めるため、数多くのサーヴァントやマスターたちの協力のもと、聖杯の在処「天の逆月」へと赴く。そこには独りバゼットがなおも聖杯戦争を続けんと聖杯を守っていた。しかしアヴェンジャーの「それでも世界は続いて行く」という説得を受け止めたバゼットは、遂に聖杯戦争の終結を決断する。そしてバゼットは自らがまだ存命であることを聞かされ、現実の世界へと帰還する。

ネットの感想

 クライマックスの名場面。このシーンはほんとうに美しい。

大変面白いゲームでした。ファンディスクならではの遊び要素やエピソード的な補完もふんだんに取り入れながら、なおかつ一本筋の入った本格的ストーリーもきっちり用意するという、硬軟取り混ぜた構成には文句なし。アミューズメントディスクとしては最高級の出来ばえでしょう。

と、持ち上げておいたところで(いや、本当にそう思ってますよ)、あえて気になったところを2点ばかり。

本作では、stay nightと違い、シナリオライターが奈須氏単独ではありません。おそらく、本編「夜の聖杯戦争」に係わるところは奈須氏でしょうが、それ以外の日常シーンやサブイベント等は、別の方が複数担当しているようです。

まず断っておきますが、私はTYPE-MOONのシナリオはやはり奈須さんじゃないとイヤだ、物足りない、などと言うつもりは毛頭ありません。ゲームの制作はチーム作業であり、奈須氏個人のものじゃない。後進育成のためにも、そして制作の可能性の幅を広げるためにも、ライターを複数起用することに何ら問題はありません。そして、実際今回起用されたライターさん達の力量も、特に不満はありませんでした。むしろ、よく楽しめました。最終的には奈須氏が監修したのだろうということを差し引いても、筆力は確かだと思います。

…しかし、うーん、何か、どうしても微妙に、本当に微妙にイメージ違うんです。各キャラの性格というか個性が。決定的に「これはこの人のキャラじゃない!」というようなツッコミどころこそほとんどありませんが、全体としてとらえた場合、stay nightで受けた印象とは微妙にズレてしまうのです。例えばライダーや蒔寺、氷室といった、stay nightではあまり個性を表に出す機会のなかったキャラの場合は、比較対照があまりできないからああ本当はこんなキャラなのかーって納得できないこともないけど、士郎や凛、セイバーといったメインキャラの場合にはより強くそうしたズレを感じてしまう。

特にそれを感じたのは士郎と凛でしょうか。士郎の場合はstay nightで見せたようなまっすぐな正義感や純粋さ、そして青臭さという個性が薄くなり、逆に妙に淡白なキャラに変わってしまっていたし(アヴェンジャーが乗り移っていたというのとは関係ない。そうした演出上の意図は感じられない)、凛にしてももうちょっと彼女らしいエレガントかつ突拍子がない女という行動パターンがうまく出てくれればよかったと思います。今回はただ単に弾けてるだけで、今ひとつ魅力に欠けます。

繰り返しますが、テキストそのものは決して悪くないだけに、余計にそういった違和感が浮き彫りになってしまったというか。一言で言えば、「よくできたイミテーション」っていう印象なのです。個々のイベントはすごく楽しかったのに、「この人達はstay nightの人達と同一人物なのかな?」と心の隅にかすかな疑念を抱かざるを得なかったのは、残念でした。(あ、ちなみに、特にセイバーとかがここではよくギャグキャラとして描かれていますが、そういう意味でズレを覚えるというのではありません。それはそれで、ファンディスクならではのデフォルメということで許容はできるので)

そしてもう一つ、これは前述した事柄と全く無関係ではないのかもしれませんが、いわゆる「夜の聖杯戦争」以外の主に昼間のほのぼのドタバタとした日常シーンは、stay nightでは描かれようもなかったサーヴァント達の様々な面が語られ、確かに面白かったし和みました。が、その一方で、この緩みきった平和の中では、彼らサーヴァント達の輝きというものがどうにも色あせてしまうなあ、というのを正直思いました。これはファンディスクなのだし、もちろんこういうイベントは全然OKなのですが、やはりこんなまったりとした平穏はサーヴァント本来の姿ではないんだなあ、と。彼らはやはり壮絶な戦いの中に身を置いてこそ光るんですね。stay nightでもそういうほのぼのシーンが全くなかったわけではないのですが、それは果てしない戦いの合間の束の間の休息という感じで、それが逆に値打ちだった。本作の場合は、戦いはやってることはやってるんだけど、それは日常のスポットイベントとは流れ上完全に切り離されてしまっているので、戦いの中の日常、という雰囲気では全くないですよね。

これは贅沢な要望なのでしょうが、平和やドタバタの中にも程よい緊張感、みたいなのがあったらもっと良かったのかなあ、なんて。

物語を代表するふたりのヒロイン

 『Fate/hollo ataraxia』にはいままでのキャラクターに加えて、新たにふたりのヒロインが登場します。それがバセットとカレン。いずれ劣らぬ強烈な個性のもち主で、プレイするうちにその秘密があきらかとなります。

バセット・フラガ・マクレミッツ

 槍で貫かれるバセット。この時点で死亡しているようでもあるが――?

声 - 生天目仁美

身長:172cm 体重:58kg スリーサイズ:B87/W55/H83(cm)

今作における本編「夜」の主人公にしてヒロイン。8年前より魔術協会に所属する、封印指定執行者で、第五回聖杯戦争に際し協会から派遣された参加者。アイルランドの古いルーン魔術の大家「フラガ」の出身だが、一族で『時計塔』の門を叩いたのは彼女が最初であり、権威主義が蔓延る時計塔で彼女が就けたのは態のいい便利屋として利用される道だった。男物のスーツで身を固めている男装の麗人で、繰り返される四日間の中、夜の聖杯戦争を戦い続ける。

生真面目で融通が利かない性格。礼儀正しくクールを装うも実はかなり短気で、少しの我慢が出来ない。人生経験が偏っているためか、惚れっぽい一面も持つ。魔術師としては優秀で敏速な立ち振る舞いをするが、生命活動が維持出来れば生活環境がどれほど悪くても構わないと考えるなど、人間としても女性としても「ダメ」な部分が多々ある。次回、何かの作品で登場するときまでには、「ダメ」な部分を克服して完璧になっているらしい。

「伝承保菌者(ゴッズホルダー)」の異名を持ち、人間でありながら、神代から彼女の家系に代々受け継がれてきた数少ない「現存する宝具」斬り抉る戦神の剣(フラガラック)」を有する。これは迎撃礼装と呼ばれる類の宝具で、二つ名でもある「後より出でて先に断つもの(アンサラー)」の詠唱によって待機状態に入り、相手が切り札として認識する攻撃(宝具の真名解放による一撃など)の発動に反応してこちらも発動する。攻撃自体はランクAでありながら小石程度の大きさの傷しか作らないが、急所を貫通させれば致命傷となり、セイバーも一撃で倒す。相手の発動より明らかに遅れて発動しながらも、絶対に相手の攻撃よりも先にヒットする。そして因果を歪め、「相手よりも後から攻撃、先に命中させた」を「相手より先に攻撃した」という事実に改竄してしまう(「時間を逆行する一撃」だが、実際に過去に跳んでいるのではなく、「後から発動したが相手よりも先に攻撃を当てた」という事実を誇張して、因果を歪ませている)。『相手を倒すことで相手の切り札を途中で終わらせる』切り札殺しである。尚、相手の「切り札以外の攻撃」に対して用いる場合は当然特殊効果は発揮されず、ランクはD~Cである。この宝具の弱点は、一発ずつの使い捨てであるための数の制約である。そしてその特性故に、相手の攻撃が発動しきった後にフラガラックを発動した場合や、相手の攻撃が「発動した時点で命中が確定する」タイプ(ゲイ・ボルク)だった場合、相手の攻撃をキャンセルすることはできない。また、たとえ命中しても致命傷にならない相手(ゴッドハンド)とは相性が悪い。但し十二の試練は迎撃関係なく且つ何度も通用する有効性もある。

戦闘に特化した武闘派魔術師であり、人間単体としての性能が非常に高い。素手での戦闘を好み、戦闘時には硬化のルーンを刻んだ手袋をはめ、時速80kmのパンチを繰り出す(プロボクサーは時速40km程度)。サーヴァント・アヴェンジャーの能力の低さもあって、本来とは逆にマスターが主に戦い、サーヴァントはサポートをするという戦闘スタイルを採っている。『トラぶる花札道中記EX』ではアームレスリングで600万円稼ぐ豪腕。

ランサーの本来のマスターであり、ケルトの英雄である彼はアイルランド出身である彼女にとって憧れでもあった。正反対ながら性格の相性も良かったが、聖杯戦争開始前に旧知の仲だった言峰による騙し討ちに合い、ランサーと令呪(左腕ごと)を奪われる。

死の寸前でアヴェンジャーと再契約し、彼の力によって仮死状態のまま生かされ続け、さらにその状態をカレンに発見され一命を取り留めていた。
繰り返しの四日間は、生きて聖杯戦争を継続したいという彼女の願いと、それを聞き届けようにも四日目までしか知らないアヴェンジャーの限界(第三次聖杯戦争において、アヴェンジャーは四日目で敗退しており、五日目以降を知らない)によって発生した無限ループである。当初はランサー及び言峰に関する記憶(自分への騙し討ちを含む)を失っていたが、記憶が戻った後にも、自分がすでに死んでいると思っていたため、死への恐怖とアヴェンジャーへの同情から、繰り返しが終わることを拒んだ。物語最後にアヴェンジャーに説き伏せられ、それによって彼との契約を終わらせる。聖杯の崩れ行く中、自身が生存していることを告げられ、希望を持って五日以降の世界に戻っていく。また「カプセルさーばんと」でもカプさばマスターの一人として登場する。

因みにカレン同様に元は『月姫2』に登場する予定のキャラクターであり、その際は完璧なキャラに成長し、鮮烈な登場シーンを予定しているとのこと。

なおスーツ姿が印象的な萌えキャラとなったことについて武内崇は、川尻善昭監督のアニメ版『妖獣都市』に登場するヒロイン麻紀絵より「スーツでエロス」といった天啓を受けたためと述べている

カレン・オルテンシア

バックから激しく犯されるカレンさん。間違いなくM属性あり。

声 - 小清水亜美

身長:156cm 体重:40kg スリーサイズ:B75/W54/H77(cm)

今作のヒロイン。四日目の夜になると、魔獣たちを従える様に現れる謎の少女。

寡黙で毒舌。士郎に対して意味深な言葉を残していく。再現された聖杯戦争の鍵を握る人物。

前作で黒幕として死亡した言峰綺礼の代わりに「教会」から監督者として派遣され、現在は彼に代わってランサーとギルガメッシュを従えている。「男性を拘束する」という特性を持つ礼装「マグダラの聖骸布」を持つ。
性格の悪さは札付きでサディストの一面がある一方、わが身を顧みず人を救おうとする聖女めいた部分もあるが、これは二面性というよりは性格が不安定であるため。

繰り返しの4日間の中に存在し得ない言峰綺礼(どの平行世界でも『hollow』の時点で彼が生き残っている世界はないため)の位置に自分の存在を滑り込ませた。故に依り代としてランサーとギルガメッシュのマスターを演じているに過ぎないため令呪は授かっていない。また本編の彼女は本体ではなく、カレン・オルテンシアという「情報」にすぎない。彼女とのあるべき場所での出会いがこの物語の本当の始まりだといえる。

「被虐霊媒体質」といわれる、周囲の霊障をその身で体現するという先天的な能力を持ち、教会の悪魔祓いが悪魔を探知する時に使われていた。しかし人の心には魔が差すものであり、他者のそれを絶えず体に投影する彼女は常に生傷が絶えず、片目はほとんど見えず、走ることもできず、味覚も利かなくなっている(極端な味を好むのはそうでないと感じとれないため)。しかし、それら全てをあるがままに受け入れている。物語の終盤、「天の逆月」に向かう衛宮士郎(アヴェンジャー)に付き添う。

戦闘時の衣装は下半身を晒したようなデザインがスカートを穿いてないと(作中でも指摘されている)話題になり、以降関連作品でも「はいてない」が度々ネタにしている。因みに衣装自体に肉欲に憑かれた男性に自身を供する意味が含んでおり、また彼女は多くの男性に犯された経験がある(そもそも「被虐霊媒体質」により、行為がなくても他者の性欲が体に影響が及ぼすため、近づくだけで犯されるとも述べている)。
作中直接は語られないが言峰綺礼の実の娘で、イタリアで生まれて母・クラウディアの死後にすぐ父が日本に向かったため施設に預けられた。姓の「オルテンシア」は紫陽花の意味で、名は日本語(ゲーム中、「父の国の言葉」との記述がある)。

もともとは『月姫2』に登場する予定のキャラクター。その際は体質が悪化しているらしく、魔が傍に居なくても人間離れした姿になっている。また「カプセルさーばんと」でもカプさばマスターの一人として登場するが、赤ん坊の姿をしている。

なおキャラクターのモデルは『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイであり、イラスト担当である武内崇が綾波レイに対する自分のイメージだと述べている。また衣装もプラグスーツ(ほかに王子様のスタイルを参考にとも述べている)を元にしている。

『Fate』ファンはやらないと損!

 アーチャーを切り裂くセイバーの剣。このシーンはいったい――?

 まあ、そういうわけで、さすがにファンディスクとしては異例なほどの完成度を誇る内容となっております。というか、もう、これ、ファンディスクという次元を超えているよね?

 中心となるものはバセットと「アベンジャー」の物語であるわけですが、そこに膨大な日常エピソードが差しはさまれ、とんでもないお祭り騒ぎとなっています。いや、楽しい。

 とにかく『Fate』ファンはやらないと損!と言い切れる一作なので、『Fate』を知っている方はぜひプレイしてみてください。面白いですよ。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するキーワード

関連するまとめ

天才シナリオライター瀬戸口廉也の第一弾! 衝撃の傑作エロゲ『CRANIVAL』の感想…

『CRANIVAL』は「天才」ともいわれるシナリオライター/小説家である瀬戸口廉也がシナリオを手掛けた三本の…

こーらすらいん / 2731 view

【鈴谷】エロ方面で需要がありそうな艦娘に注目してピックアップ。【艦これ】

薄い本とかに需要がありそうな艦娘を画像や同人誌と絡めて紹介するシリーズ。 今回は軽いノリで今時の子っぽい鈴谷…

poipoi / 4598 view

どうみてもエロゲなバレットガールズ2がファミ通の特典DLCでやらかすwwwwww

発売以降意外と?好調な売れ行きのバレットガールズ2。 元々エロに攻めてるこのゲームですがファミ通のDLC特典…

poipoi / 3629 view

VRに対応したエロゲにはどんなのがあるのか?VRプレイが出来るエロゲ作品まとめ

今後エロゲ界のトレンドになっていくだろうVR対応のエロゲ。ここではVR対応のエロゲ作品をまとめてみました。 …

ぱる / 6017 view

【3Dエロゲ】VR対応のエロゲ「ハニーセレクト」で次世代のエロ体験!!キャラメイクで…

イリュージョンの最新作「ハニーセレクト」がついにVR対応エロゲとして発売されたので感想とレビュー紹介。今作は…

poipoi / 65130 view

その他おすすめの記事