エロゲーブランド「戯画」のヒット作「ショコラ」の続編。サブタイトルにある「second brew」は「二番煎じ」の意味だそうです。ただし単独の作品としての完成度も高く、キャラクターも前作から一新されているため、前作をプレイしていなくても楽しめます。

TGL「パルフェ」PSVita版 オープニングムービー - YouTube

出典:YouTube

喫茶店経営シミュレーションかはたまたツンデレ育成ゲームか

本来「ショコラ」同様の喫茶店経営シミュレーションエロゲーとして制作された本作ですが、ライバル店の実質的な店長役となるカトレアこと花鳥玲愛(かとりれあ)のツンデレっぷりが凄まじく、大部分のプレイヤーがカトレアのツンデレっぷりを愛でるために群がるという形になってしまいました。
とはいえキャラ以外に魅力はないのかというとそんなことはなく、しっかり練られたストーリー、非常に丁寧にまとめられたカトレアを含む全キャラの性格など、「魅せる」部分をふんだんに持った2000年代の傑作と言えるエロゲーに仕上がっています。

「パルフェ」の概要

中世ヨーロッパの街をイメージした大型ショッピングモール「ブリックモール」はグランドオープンを間近にひかえ、テナントとなる飲食店の誘致を進めていた。
ただの大学生である高村仁のもとに、突然ブリックモールから電話がくる。彼の義姉である杉澤恵麻が経営していた欧風喫茶「ファミーユ」を出店して欲しいという内容である。ファミーユは半年前の火災で店舗を失い休業中だった。
あくせくしながら開店準備を進める中、ありえない程に恵まれた出店条件の裏を知らされる。ファミーユの予定場所の真向かいの店は「キュリオ」。ファミーユがそのコンセプトを学び、模倣したオリジナルである店の3号店だったのだ。
圧倒的な人気と実力を誇るキュリオを前に、主人公は悪戦苦闘を強いられる。アルバイトである雪乃明日香、涼波かすりと3人だけでの開店もやむをえなくなった深夜、滑り込みでアルバイト志望の少女、風美由飛が現れる。その姉であり、キュリオのチーフである花鳥玲愛との口論をきっかけに主人公はキュリオと売り上げ勝負をすることになってしまう。
かつて「ファミーユ」の同僚であった夏海里伽子の助力が得られるかも分からないなか、プレイヤーはこういった状況を打開し、人気店「ファミーユ」を復活させなければならない。

前作とのつながり

主人公の「ファミーユ」の目の前にあるライバル店「キュリオ」の2号店が前作主人公が経営した喫茶店ということになっています。玲愛はどうやら2号店店長である前作主人公を知っているようですが、この店長を含む前作キャラはほとんど直接登場することはありません。このため、前作を知らなくてもプレイできるし、本作を先にプレイしてから前作をプレイしても、ネタバレ感を感じることはありません。

前作の「ショコラ」。「キュリオ」の2号店(パルフェに出てくるのは3号店)なので、制服のデザインは基本的に一緒です。

ゲームの流れ

いわゆる分岐ありのビジュアルノベルで、途中で選ぶ選択肢によりフラグが立ち、それぞれのヒロインのストーリーへと分かれていきます。他の分岐式ビジュアルノベルとちょっと異なるのが、ヒロイン確定後のストーリーが確定前と同じぐらい長く、主人公がヒロインと寄り添いながら問題の解決や夢の実現に協力していく展開となっているところです。
エッチシーンはヒロインのルート確定時に一度あり、個別のヒロインルートに突入した後にも何度か繰り返されます。もちろん、心も身体も段々と一つになっていくので、エッチもどんどんハードなものへと進化します。

キャラクター

風美 由飛

風美 由飛

ふらっと主人公の店に現れて歌っていた少女でメインヒロイン。音楽の天才で玲愛の義理の姉にあたります。
声:高槻つばさ / 宮崎羽衣
身長/160 cm 体重/47 kg B 88 (D) / W 53 / H 84 血液型B型

ファミーユの新入店員。主にフロアを担当している。ブリックモール店開店前日に突然現れ、仁もそのてきとーさ加減に初めは採用する気はなかったが、その楽しそうで美しい歌声に惹かれ迎え入れることになる。
明るくお気楽脳天気、人見知りしないを通り越して馴れ馴れしいため、ファミーユにも簡単に馴染んでいく。最初はそれぞれ「店長」「由飛くん」と呼んでいたが、あるときを境に名前で互いに呼び捨て合うことになる。オーダーを間違えたり食器を割ったりとミスは多いのだが、それを愛嬌で丸め込んでしまうので、苦情にならないどころかそれすら人気へと繋げてしまう天才でもある。
ほぼ即興のミュージカル風の歌を歌いながら接客する癖があり、それが大ウケでやがてはブリックモール全体の名物にまでなっていく。特技はピアノで、覚えている曲ならば譜面なしで弾けてしまうほどの才能を持つ。また、指が長く、普通の人間じゃ振りほどけないほど握力をもつ。
風美の両親と死別した際にピアノの先生であった花鳥家の養子及び玲愛の義姉となり(5年前)、現名は「花鳥 由飛」。玲愛とはピアノの教え子時代から仲が良かったが、「実子の玲愛は就職したのに養子の自分が進学した」ことなどに引け目を感じ、接することを躊躇っているうちに距離が出来てしまった。だが、血は繋がっていないのに玲愛と似た部分もある。
元々は大和音大に通う大学生だったが、1年留年をし、以後単位をまったく取っていない。かつてはプロ混じりの全国コンクールで3位となりピアノの天才とまで言われていたが、あるトラウマによって弾くのを躊躇っている。
花鳥 玲愛

花鳥 玲愛

「ファミーユ」の正面にあるライバル店「キュリオ3号店」のチーフで実質的な店長。メイド喫茶の従業員としてあまりに有能過ぎるため店長にほぼ店の全権を任されています。実は由飛の義妹。
声:松永雪希 / 野川さくら
身長/161 cm 体重/45 kg B 83 (B) / W 52 / H 82 血液型A型

キュリオ本店から派遣された3号店のチーフ。キュリオ3号店にも店長は存在するが、普通の店員の2.5倍働くため実質的には3号店は彼女の手により動いている。キュリオ始まって以来の堅物で、他人以上に自分に厳しい真面目人間。出会って早々の口喧嘩が原因で、仁といがみ合うことになる。しかしお節介な部分もあり、ライバルである仁に的を射た助言をすることも多い。また、社員寮として移り住んだマンションでは仁の部屋と隣同士であり、時折ベランダに出ては仁と話をすることもある。
日仏ハーフの金髪ツインテール。しかしその容姿とは裏腹にフランス人の母親共々日本文化にどっぷりとつかっており、フランスにも一度も行ったことがない。さらには、フランス語はおろか、英語も全く話せない。また鍋物やほうじ茶などを好み、寒い時には母親お手製のどてらを着たりもしている。
あだ名は「カトレア」だが、本人はその呼び方で呼ばれることをかなり嫌っている。薬が大の苦手で、内服液しか飲めない。また、仁との口げんかは周りから痴話喧嘩だと思われており、キュリオの店員の間では仁と付き合うのではないかと賭けをされている。2号店店長の結城大介(前作の主人公)を尊敬している。
夏海 里伽子

夏海 里伽子

主人公の同期生で、消失した元祖「ファミーユ」の元従業員。ぶっきら棒であまり女の子っぽくない第一印象ですが、本作で一番「泣ける」ストーリーのヒロインを演じてくれます。
声:浅野麻理亜 / 新谷良子
身長/163 cm 体重/48 kg B 87 (C) / W 53 / H 83 誕生日7月20日

仁と同期の八橋大学在籍の大学生。静岡県浜松市出身。ファミーユ本店ではチーフを務め、店の立ち上げやキュリオを見習ったコンセプトの導入などを取り仕切った才媛。制服をデザインし、試作品の製作までしたのも里伽子である。ただしドライで無愛想なのが玉に瑕な、ダウナー系真面目人間。「情に流されるとロクな事にならない」が口癖。
就職活動を理由に仁のファミーユ復帰の要請を断り、ブリックモール店を出店する際もキュリオ3号店の存在にいち早く気づき反対した。だが、その後もブリックモール店の実質的なブレーンとして活動し広い人脈などを駆使しファミーユを支援する。勝ち方を良く知っている策士ではあるが、なりふりの構い方はあまり知らない。仁に頼られることが多く、初めは渋るものの、その後に「しょうがないなぁ、仁は」の一言で必ず仁をサポートする。
眼鏡をかけた時に仁に大笑いされたのがトラウマとなっており、仁の前では眼鏡をはずして裸眼ですごそうとするものの、視力がかなり悪い彼女にはそれはかなり難しいようである。後述の事情によりコンタクトは苦手らしい。
半年前に起こったファミーユ本店の火災にたまたま居合わせていた唯一の関係者。忘れ物を取りに店に戻ったところ火災に気付き、焼け落ちる建物に飛び込み仁の家族の位牌を守った。その代償として利き腕の左腕の神経を損傷、左手を動かせなくなってしまう。里伽子は一連の出来事における自分の行動をファミーユ関係者に明かしておらず、心と身体に受けた傷は今も癒やされていない。
杉澤 恵麻

杉澤 恵麻

主人公の兄(故人)の元妻。義弟大好きのちょっと天然ぎみのお姉さんです。引用画像は変装してお店のケーキを味見に来たところ。本人はバレてないと思ってます。
声:Yuki-Lin / 千葉紗子
身長/166 cm 体重/51 kg B 91 (D) / W 55 / H 87

ファミーユの総店長であり仁の義理の姉。元々の姓は高村だったが、仁の兄・一人と入籍し杉澤となる。だが入籍した直後に一人を事故で失い、彼が残した喫茶店ファミーユを仁たちの支援から成り立たせる。だが、ファミーユ本店が火事で焼失したことにより菓子作りへの情熱を失い、保険の外交員をしていた。ブリックモール店を開店する際、ファミーユを復活させることを反対していたが、仁の情熱とピンチを知ってから、それまでの仕事を辞めパティシエールとして復帰する。仁の店だという理由から仁を店長にしているが、陰で支える立場から総店長となる。
義姉弟の関係となったころからかなりのブラコンであり、一端スイッチが入ると仁のことについてかなりの時間語り続ける。だが、仁の失言や歳関連でツッコまれた時は笑顔のまま大激怒する。また、寝起きが悪く、仁が起こしに行かないとずっと寝ていることもある。だが、逆にずっと起きていることは可能。
計量も何もせずに作るため傍から見るとかなり大雑把なのだが、それでも美味しく作れてしまう。その腕はキュリオ本店のパティシエール橘さやかにも引けを取らないが、彼女の作る菓子の魅力はむしろ洗練されていない素朴な味わいで、それは仁がファミーユの名前を決めるときにカンバーニュ(田舎)という店名を提案したほどである。だが、自分で作るのは得意だが他人(かすり)に教えるのは苦手、しかも手を出さずに見守るということが出来ない。また、自分の気まぐれで新商品を簡単に作ったり、みんなが疲れきっている中ケーキを食べたいからとケーキを作り出したりもする。
雪乃 明日香

雪乃 明日香

主人公を「てんちょ」「せんせ」と呼んでくれるJK。ロリきょぬうなのでお好きな方にはたまらないヒロインでしょう。
声:MIENO / 稲村優奈
身長/153 cm 体重/44 kg B 92 (F) / W 52 / H 79

仁の家庭教師の教え子でありファミーユの店員で、マスコット的存在でもある。主にフロアを担当し、接客に関しては最も安定してこなしている。現役女学生であり清城女子学園2年。本店メンバーの一人であり、ファミーユを復活させる際真っ先に復帰を表明する。仁のことを家庭教師の先生として「せんせ」、店の店長として「てんちょ」と呼んでいる。メンバーの中では最年少だが、胸が一番大きいためそのことを指摘されることも多い。
涼波 かすり

涼波 かすり

本作の数あるテーマの一つは「天才と凡人」なんですが、こちらはケーキ作りで「凡人」を自認してしまうお姉さん。しかし努力家なので、本当の凡人とはデキが全く違います。
声:神月あおい / 中原麻衣
身長/158 cm 体重/44 kg B 84 (C) / W 51 / H 80

ファミーユの店員。本来パティシエール見習いだが、フロアもこなせる貴重なマルチプレイヤー。恵麻が復帰する前までパティシエールをたった一人で務め、かつ必要時にはフロアまでもこなしていた。恵麻が復帰以後、恵麻のアシスタントを務める。実家は老舗の和菓子屋で、その当主でもある姉は和菓子界でも新進気鋭の職人。そのため姉との差を感じ実家を出てファミーユに入った経歴を持つ。洋菓子職人として頑張っていたことがバレ、ファミーユ本店焼失後は本人曰く、実家に強制送還され軟禁状態だった。だが、迎えに来た仁と駆け落ちした、と吹聴して復帰する。

18禁版とその他

18禁のオリジナル版(CD-ROM)が登場したのは2005年3月。その後同年12月にコンテンツを追加したDVD-ROM版が発売されます。
翌2006年にはPS2への移植版(当然全年齢)が発売され、さらにその翌年にはPS2版がWindowsに逆移植されました。
最近では2015年にPS/Vita版が発売されており、これが今のところもっともプレイしやすいバージョンとなるでしょう。

まとめ

「パルフェ」は、キャラとストーリーを楽しむ本来のビジュアルノベルの最高峰のひとつと言えるでしょう。しかも、エロゲーであるという基本を見失わずに、きっちり見せるところは見せるという作りになっています。
これ以後、「パルフェ」を超えようと幾多のクリエイターが挑戦しますが、キャラ・ストーリー・エロのバランスをうまく取ることができず「ぼくのかんがえたさいこうのえろげ」になってしまっているように思えます。2010年代になってビジュアルノベルの市場は急速にしぼんでいきますが、それは後続作品が「パルフェ」を超えられなかったせいだ、と言っても過言ではありません。
図らずも、「パルフェ」のテーマの一つは「天才と凡人」でした。どちらかというと「凡人」(努力の人ばかりなので本当の凡人から見ればそれでもスーパーウーマンなのですが)の描写に力を入れている本作が、ビジュアルノベル業界全体から見れば「天才の作品」と評価されてしまったのは、ちょっと皮肉かも知れません。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【エロゲ】「究極の監禁ゲー」心に響く女子高生監禁エロゲ『夏ノ鎖』の感想まとめ

2016年春に発売されたCLOCKUPから発売された『夏ノ鎖』についてまとめ。 「心を抉る」「究極の監禁ゲー…

Campus / 9398 view

【エロゲ】人気作「妻みぐい3」のスピンオフが純愛編と寝取られ編2本同時に発売!

アリスソフトから発売された妻シリーズの「妻みぐい3」。今回はそのスピンオフが純愛編と寝取られ編に分かれて発売…

poipoi / 10837 view

【鈴谷】エロ方面で需要がありそうな艦娘に注目してピックアップ。【艦これ】

薄い本とかに需要がありそうな艦娘を画像や同人誌と絡めて紹介するシリーズ。 今回は軽いノリで今時の子っぽい鈴谷…

poipoi / 4598 view

ラブライブのことりちゃんが出てると噂の「世界一ヤリたい授業」というエロゲについて調べ…

「世界一ヤリたい授業 ~林先生のロリビッチな反転世界~」タイトルからしてツッコミどころ満載のエロゲが登場。 …

poipoi / 24250 view

【KOTYe】今年最初のクソゲーオブザイヤーinエロゲー板の筆頭候補「戦御村正」は究…

今年の「クソゲーオブザイヤーinエロゲー板(KOTYe)」を追うシリーズ第一弾。まず今年最初のクソゲー筆頭候…

poipoi / 4088 view

その他おすすめの記事