ロックでパンクな青春ストーリー『キラ☆キラ』。

 瀬戸口廉也とOVERDRIVEによる最強の一作。女装少年が主人公だけれど、わかりやすく萌える話というわけではありません。ええ、大変な作品です。

概要

OVERDRIVEの第2作目。「バンド」「パンク・ロック」を題材とし、旅を通じて成長していく様を描いた物語である。

瀬戸口廉也をシナリオに起用し、ビジュアルノベルの体裁をとる。プロデューサー自身がバンドマンであるため、作中では使用楽器や機材、音楽知識・用語、実在するライブハウスの登場など趣向が凝らされている。

従来、発売前に自社サーバなどから公開していたオープニングムービーを、今作以降ニコニコ動画およびYouTubeにファイルをアップロードして公開している。発売後には、実際に作中の曲を演奏した動画(いわゆる「弾いてみた」)をユーザーから募集する『第二文芸部弾いてみた選手権』が行われ、「お手本」としてプロデューサー達が演奏した動画が公開された。
ストーリー

ミッション系の学校「欧美学園」の「第二文芸部」に所属する主人公たち4人は、今年度限りでの廃部が決まってしまった部を最後に目立たせようと、パンクバンド(ガールズバンド)「第二文芸部バンド」(略称:d2b)を結成する。文化祭でのライブは無事に成功し、4人は満足していた。

ところが、その後に参加したライブイベントがインターネット配信されており、それを見た名古屋のライブハウスから出演依頼が来てしまう。受験などを控え文化祭終了後には解散する予定でいた第二文芸部バンドであったが、4人はボロボロのワゴンに乗り込み、各地を巡る長い旅に出発していく……。

 『キラ☆キラ』はシナリオライター・瀬戸口廉也の最後の仕事です。この作品を最後に瀬戸口は引退し、小説家としての仕事に移りました。

 一見すると、この作品は瀬戸口作品らしく見えないかもしれません。わかりやすく萌えて燃える物語は、瀬戸口作品のカラーとは思えない。

 しかし、どんなプレイヤーも最後までプレイすればこれがまさしく瀬戸口廉也の作品であることを理解するでしょう。そう、ラストには壮絶な展開が待ち受けているのです。

魅力的な登場人物たち。

前島鹿之助(まえじま しかのすけ)

 女装する主人公。特に趣味でやっているわけではなくむりやりやらされているだけです。

 あくまで好きで女装しているわけではない主人公。しかし、まわりの女の子たちは大喜びの模様。

本作品の主人公。かつてテニス部に所属していた。退部と同時期に彼女にも振られ失意のどん底である。名前は山中鹿之助に因んで名付けられた。バンド内では女装をし「前島 鹿子」として演奏する。
パート:ベース

椎野 きらり(しいの きらり)

 文化祭でロックを歌う「第二文芸部バンド」。ヴォーカルのきらりは花やかな活躍を見せる。

 オープニングムービーもなかなかに魅力的です。これだけ見ていると本編の展開は想像がつかないと思いますが……。

声 - 中村知子
鹿之助のアルバイト先で偶然知り合った女の子。家が貧しいため仕事を掛け持つ勤労少女であるが、その苦労をかけらも感じさせない天真爛漫な女の子。はねている髪と笑顔がトレードマーク。結成当初はドラム希望だったがすぐにボーカルに転向。
パート:ボーカル / ギター

樫原紗理奈(かしわら さりな)

 なにげに巨乳のお嬢さま。そのおっぱいにかぶりつきたいです。

 格好だけパンクロッカーをまねてみたりとか。……似合わないからやめておいたほうがいいですね。うん。

声 - 小島めぐみ
資産家のお嬢様であるが病弱。性格はおしとやかだが芯の強い一面も持ち合わせている。欧美学園内での交友関係は少ないがきらりとは親友である。
パート:ギター

石動千絵(いするぎ ちえ)

 年上美少女の千絵さん。メンバーの中では比較的常識人のほうかと。

 第二文芸部バンドの要は彼女です。女の子に好かれちゃったりする展開もあったり。

声 - 瑞沢渓
鹿之助の幼馴染。同級生であるが家庭の事情により留年しているため1歳年上。彼らが所属する「第二文芸部」の部長でもありバンドのまとめ役。その反面自分を抑えている部分もあり、本当はのんびり屋で臆病な性格。泣きぼくろがある。ドラムセットを持っていない時期はバケツやタライなどをドラムに模して練習をしていた。獣肉が食べられない(魚や鳥は大丈夫)。
パート:ドラム

『キラ☆キラ』とはどのような作品か。

「キラ☆キラ」OPムービー - YouTube

出典:YouTube

 『キラ☆キラ』をひとことで表すなら「青春ロックラブストーリー」ということになります。

 文化祭で喝采を浴びた主人公たちが受験を放り出してワゴンに乗って旅に出てしまうあたりは、まさに青春ロードムービーそのもの。

 前三部中の第二部まではまあ普通に面白いゲームと言えるでしょう。ところが、第三部に入ると物語は一転します。それまでおとなしかった瀬戸口廉也のカラーが一気に全面に出るのです。

 それは、だれも想像もしないようなダークなストーリー。一口に「鬱ゲー」と呼んでも何か違う、不思議な暗さを持った物語です。

 主人公はその旅路の果てに何を見いだすのか。ちょっとほかでは味わえない物語となっています。

もちろんエッチシーンもあるよ!

 正常位で挿入されてうっとりするきらりさん。ちいさめのおっぱいがたまらないです。

 自らはしたない格好をして大好きなペニスを受け入れる千絵。エロい格好と照れた表情が欲情をあおります。

 おま○こはもちろん、お尻の穴まで丸見えの恥ずかしい格好。犯して犯してって言っているみたいですね。

プレイヤーの感想。

 『キラ☆キラ』と続編『カーテンコール』を一本にまとめたソフト『キラ☆キラ COMPLETE ACTs』。

鹿之助ルートと言われる「きらりルート・その1」が一番、心身ともに影響というかダメージというか、そーゆーものがありましたね。

「凡人」としての自分をまざまざと見せ付けられたように感じます。

たまに思うんですよね、「キラキラした世界を見ていなかったら、今の僕の生活は全く違っていたものになっていたのではないか」と。

凡人でありながらキラキラした世界を引きずり続けている自分がいるというのも、ある程度は自覚しています。そして、その世界を夢見ていたからこそ、いや、今も見ているからこそ、その生き方が染み付いて、もう元の世界へは戻れない。
最高にクソッタレな涙腺ファック(崩壊)ゲーム、それがキラ☆キラです。

こんなことを言っておきながらアレなんですが、私はこのゲームを女性に強くおすすめしたい。
真面目で丁寧な心理描写、無理のない展開、かつ人情や人の心に訴えかける、青春でキラキラしているこのゲームは女性の方にも受け入れられるものではないかと自分は思うのです。
よく男性向けエロゲーにあるような、付き合ってもいないのにセックスするような展開もほとんどありません(あるにはありますが、回避することが出来ます、おまけのようなものです)。主人公は非童貞ですが、それも展開に無理のないもので、『ああ、普通の男子高校生なんだなあ…』と思わせる要因にもなっています。
何か欠けたような子達が、熱くなるために勢いで青春一直線……最初は主人公にやる気が無いように見えますが、それももちろん理由があり、あとあと考えると胸が痛くてたまらない個々のバックグラウンドがとても切ないのです。でも、終えたあとに、晴れやかになるというか、前を向いていようという素敵な気持ちにさせてくれる。私はこのゲームが大好きです。

 『キラ☆キラ』は最高にまぶしくも切ないゲームです! ただ、かなり長いので、お暇なときにどうぞ。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するキーワード

関連するまとめ

VR対応でさらに盛り上がる予感の「ハニーセレクト」でオリキャラ造りが捗りすぎている

ついにエロゲーは「自分好みのヒロイン」にあんなことやこんなことが出来る時代に! VR対応でさらに盛り上がりを…

chanebi / 2869 view

ポケモン女主人公で一番エロで人気のある子は誰?エロ画像と共に見る女主人公ランキング

ポケモンの女主人公でエロ人気が一番あるのは?Pixivでエロ画像数の多さで一番多いキャラを調べてみた。 最近…

オレンジ / 8393 view

【エロゲー】伝説の恋愛ゲーム、「君が望む永遠」! 三角関係の結末を目撃せよ!【感想&…

「君が望む永遠」といえばアージュが一気に有名になる発端となったエロゲです。当時タブーとされていた性的関係を含…

ふじた / 687 view

【エロゲ】 「6回射精した。」大人気もんむす逆レイプADVシリーズの原点!!『犯され…

大人気同人ゲーム『犯され勇者シリーズ』の原点、『犯され勇者~凛々しく世界を救うハズだったボク…~』の紹介と感…

Campus / 2148 view

スマブラXでピーチ姫のパンチラが見たい人へ

任天堂から発売の大人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズX」。このゲームをやった人なら誰しもが挑戦したパンチ…

ぱる / 6364 view

その他おすすめの記事