VRはあなたの退屈な現実を塗り替える。

 VRゴーグルをかけて恍惚とする男性。彼の眼にはいったい何が見えているのでしょうか……?

仮想現実(VR)動画製作会社のバドインクVR(BadoinkVR)は、動画サイトPornhubと連携し、VRヘッドセットで見るアダルトコンテンツの無料配信を始めた。「コンテンツは360度パノラマビューで視聴でき、豪華な室内で会ったこともない美女とセックスしている感覚を味わえる」という。

Pornhubの副社長、コーリー・プライスは「弊社は最先端のテクノロジーを用い、コンテンツをグローバルに提供する。ユーザーはコンテンツを観るだけでなく、その中の相手と関係を持つことが可能だ。性的興奮の高まった世界に没入し、夢を現実に出来る」とコメントした。

「一人称視点」で撮影、親密な雰囲気を演出

バドインクVR担当者によると、目下のところコンテンツは異性愛者の男性向けに作られており、「アダルト男優の存在は邪魔だ」という要望に応え、一人称視点で撮影されている。「弊社のコンテンツは女優とのアイコンタクトを大事にし、卑猥な会話が存分に楽しめます」と担当者は英紙ガーディアンの取材に応えている。

Pornhubはプロモーションのため、VRヘッドセットのGoogle Cardboardを先着1万名に無料配布した。動画はVRヘッドセットを使用しなくても視聴できるが、その際には画面がぼやけ「巨人のようなアダルト女優の姿を目撃することになる」とニュースサイトは伝えている。

ヴァーチャル空間で「遠隔セックス」を楽しむプロジェクトとしてはFriXion社の試みも知られている。しかし、専用ヘッドギアやアダルト玩具が必要なFriXionのシステムよりも、VRヘッドセットを用いる方法のほうが、コストも安く、より没入感の高い体験が得られるだろう。

調査会社Piper Jaffrayは、VRアダルト市場は2025年までに10億ドル(約1130億円)に成長すると予測。ゲームやNFLに続く第3のコンテンツ市場に膨らむと期待されている。

VRポルノの現状と可能性。

VRポルノはいま。

 きれいなおっぱい。触れることはできないが、一方的に見ることは可能だ。

 すでにVRポルノは発売されています。高価なデバイスを用いなければならないことがネックですが、それさえ入手してしまえば、ネットでコンテンツを落として魔法のような体験をすることは可能です。

年間数兆円規模の市場規模を有する日本の性風俗産業。「猥褻」なものとして嫌悪感を抱かせている面も否めないアダルトコンテンツですが、こういった分野がテクノロジーの進化に大きく貢献することは間違いなく、昨今急激に拡大する「VRの普及」を担う重要なコンテンツの一つです。

日本では既にアダルトコンテンツ(ゲームやAV作品)とVRに連動したコンテンツの試験配信も開始されており、コンテンツに連動したコントローラー(オナホール)などの販売でも先行している分野でもあります。
アダルトビデオ配信サイト『Adult festa TV』が、Gear VRとOculus Rift DK2に対応したVRアダルトビデオのサンプル配信を開始しまた。

今回配信されたVRアダルト動画サンプルは、Gear VRとOculus Rift DK2に対応しており、いずれかのHMDを装着して観る動画は、ヘッドトラッキング対応の完全主観映像。
このため、よりリアルなバーチャルセックス体験が可能になっています。

※尚、配信されているサンプル動画を利用するには、Adult festa TVへの会員登録と「D-PLAYER」動画コーデックのインストールが必要となります。

日本でもVRAVの波は来ている。

 VRAV『いやらしすぎる舌使いの濃厚悶絶Wフェラ』。主観ショットの作品のようです。

Jカップ爆乳金髪ギャルな美音ちゃんと、黒髪ロリな琴音ちゃんに見つめられながら二人からお口で責められます。
金髪ちゃんと黒髪ちゃんが居たら、どちらを選びますか?
私ならこういってしまうでしょう「どちらもお願いします!」と。
風俗なら倍額コースですが、VRなら一度の課金でOK。さすがVR!VR元年始まってます。

彼女達のバキュームフェラに襲われてください

琴音ちゃんの黒髪ロリフェイスと美音ちゃんの金髪爆乳に癒される動画です。
乳首パートは+2D仕様でUFO SAと是非連動してほしいですね。
Adult Festa VRの単体販売のみのレーベルや作品が増えてきて、これまでよりもディープな作品が楽しめそうです!

TwitterでのVRポルノの感想。

 VRポルノには色々な感想が寄せられています。

 家族といっしょに暮らしながらVRポルノでオナニーすることは考えるだけでデンジャラスなので、一般に浸透するには案外時間がかかったりして。

プレイステーションVRには規制の壁が。

 そういうわけで、VRポルノの可能性は無限なのですが、ここにひとつその波に乗れなそうなデバイスがあります。そう、プレイステーションVRです。

テクノロジーの普及を加速するのはアダルト・ポルノコンテンツだ、といわれることがよくあります。

かつてのビデオフォーマットである VHS とベータマックスの争い、DVD の普及、PC-98 シリーズや Windows 95 のシェア拡大、インターネットの爆発的な普及の裏にもアダルトコンテンツの存在が見え隠れしています。

新世代のデバイスとして VR 機器が注目されていますが、その普及にアダルトコンテンツが大きな役割を果たすことは疑いようがなく、アダルトコンテンツを抑えたデバイスこそが今後のVR 市場を支配してくことになるでしょう。

その中で、恐らく苦戦を強いられるであろうデバイスが PlayStation VR (PSVR) です。

理由はシンプル。PlayStation VR は、家庭用ゲームのプラットフォームである PlayStation 4 (PS4) の追加システムとなっているため、体験できるコンテンツはこのゲームプラットフォームのレイティング制度に縛られしまうためです。
ざっくり言ってしまうと、PlayStation 4 のプラットフォームではアダルトコンテンツ、アダルトゲームなどの性行為描写などがこの CERO によるレイティング制度により制限され販売ができないため、他のプラットフォームよりも相対的に普及のハードルが高いのではないか、ということです。

PlayStation シリーズは家庭用ゲーム機ですが、このレイティング制度に縛られて VR 対応のエロゲーが出る可能性は恐らくないでしょう。一方で、Oculus Rift や HTC Vive は通常の PC を使った VR デバイスのため、これらの制限はありません。

実際に PC でアダルトゲーム、アダルトコンテンツを制作しているベンダーは、Oculus Rift、HTC Vive 向けのアダルトVRコンテンツの開発を続々と進めています。

 最も安価にVRを体験できそうなプレイステーションVRでVRポルノを体験できないのは残念ですね。SONYの考えが変わることを願いたいものです。

未来はどうなるか。

 目の前で女の子が下着を外すシーン。何度見ても興奮しますね!

 遅くとも数年以内には確実にVRの時代が来るでしょう。そのなかには多数のポルノが含まれているはずです。それらはかつて人類が体験したことがない魅力的なコンテンツと言えると思います。

 現実世界でやったら何十万円もかかるような、たとえば一度に何人もの美女をはべらせ奉仕させるということも可能なのですから。

 触感がともなわないことが残念な限りですが、その感覚すらいずれ再現されてしまうかもしれません。そうなったら、まさに天国の誕生です。

 それでは、いつか仮想空間でお逢いしましょう。もちろん、横には何人もの仮想現実の美女を連れてね!

 金髪美女のレズプレイだって視聴可能。