今年のコミケ「C90」ももうすぐ開催

コミックマーケット(通称:コミケ)がもうすぐ開催される。

そこで今回はコミケってどういうところなのか?
一体何をするところなのか?
というところと「コミケの今までの歴史」を簡単にまとめてみた。

今年のコミケ開催は東京ビックサイトで8月12日(金)~14日(日)の3日間

会場はお馴染みの東京国際展示場。通称:ビックサイト。

今年のコミケ(C90)の開催期間は「8月12日(金)~14日(日)」。
ちょうどお盆休み時期の週末なのでお休みの人も多いはず。
今年で第90回目のコミケなので「C90」と言われる。

開場時間は全日とも10時から。
終了時間は16時。初日の企業ブースだけ17時まで。

ちなみに今年は2020年の東京オリンピックのための工事の影響で3日目の企業ブースが無いことに注意。

コミケの会場となるビックサイト

コミケの会場となるビックサイト

所在地は東京都江東区有明3丁目。

最寄り駅はりんかい線の「国際展示場」駅。
もしくはゆりかもめの「国際展示場正門」駅。

そもそもコミケって一体何があるの?

コミケってよく聞くけどそもそも一体何をするところなのか。
何があるのか?
行ったことない人は結構疑問に思っていたりするはず。

今回はざっくり簡単にどういうのがあるのかをまとめてみた。

コミケは大きく分けて同人サークル・企業ブース・コスプレエリアの3つ

コミケで同人誌や同人グッズを手に入れたいなら同人サークルスペースへ

サークルスペースではサークルさんが色んな同人誌やグッズなどを頒布している。グッズだと抱き枕カバーや、キーホルダーやストラップ、夏だとうちわなどなど。もちろんコミケでしか頒布されない限定グッズも多数。
他にも雑貨などもあって正直あげたらきりがないくらい。
詳しくは参加サークルのHPやツイッターをチェック。

コミケといえば同人誌。それもエロい内容のエロ同人誌と言うイメージだけど実はエロ同人の割合は全体の2割にもみたない程度。

「キャラをパクったエロ漫画」、いわゆる「エロ同人誌」と認識されているものの大半はジャンルコード200「男性向」に集約されている。その数、4050サークル。
それでは、コミケ全体に占めるその割合は?驚くなかれ、わずか11%。約35000サークルが参加するコミケ全体で見ると、男性向ジャンルはさほど多くはないのだ。

こんな同人誌も頒布していたりする。
本当に色んなジャンルのがあるもんです。

アニメ・ゲーム企業が出すの公式のグッズが欲しいなら企業ブースへ

企業ブースではアニメ制作やアニメグッズ、漫画の出版社、更にはゲームやエロゲの企業まで参加している。最近は「えっ!?こんな企業が!?」というところも参加していたり。どの企業が出るかは毎年違うので今年どこが出るのかっていうのはチェックすべし。

企業ブースで販売しているのは新作のアニメグッズから既存のグッズまで様々。もちろん会場限定のグッズも多いので、限定物が欲しい場合は早く行かなくてはならない。

企業が出しているアニメやゲームの公式グッズが欲しい人は企業ブースがオススメ。

コミケといえばコスプレ!コスプレイヤーがたくさん見たいならコスプレエリア

コスプレエリアの様子

コスプレエリアの様子

コミケではコスプレイヤーの人も多数参加。
コスプレエリアでは多くのコスプレイヤーの撮影会もやっている。

コスプレが見てみたい!という人はコスプレエリアに行けば色んなコスプレが見れたり撮影ができたり。
ただしルールとマナーは守るのが大事。

コミケはどうやって始まったのか?コミケの歴史

コミックマーケットは、1975年に始まり既に40年近い歴史をもつ日本最大の同人誌即売会です。通常は、年2回、夏と冬に東京国際展示場(東京ビックサイト)全ホールを使って開催しており、2015年冬で89回の開催となります。3日間開催の場合、のべ入場者数約55万人、参加サークル数約3万5千、のべコスプレイヤー数約2万人以上という規模で開催されています。

40年の歴史と来場者50万人以上という規模になったコミケ。
そのコミケの始まりとは・・・・

コミケとは「コミックマーケット」の略称で、コミケットとも言います。ともすれば「殻」に閉じこもりかねない同人誌活動を、広く一般に向けてアピールするための場としてはじまりました。以来、企画参加者としてのサークル、読み手、受け手としての一般参加者、そしてコミケット準備会の三者が共同で運営していくイベントとして定着しています。

記念スべきコミケ第1回は1975年

この年の夏、既製の「マンガ大会」への不満から、批評集団「迷宮 ’75」により、同人誌即売会「コミックマーケット」が立案され、企画が進められる。この時の中心スタッフは4名。
この年の12月21日、会場は「虎ノ門日本消防会館会議室」にて第一回コミックマーケットが開催されました。「サークル数32」「参加者数推定 700人」少女漫画ファンの女子中高生がほとんどでした。
第1回会場の虎ノ門日本消防会館

第1回会場の虎ノ門日本消防会館

所謂ニッショーホール。
この時のサークル参加数は32。

参加者の90%が、少女マンガファンの女子中・高校生。以後しばらくはこの状態が続く。

1980年代のコミケ・・・東京国際見本市会場(晴海)へ

’76年から毎年「板橋産業連合会館」「大田区産業会館」「四谷公会堂」「東京都立産業会館」にて催され、’80年に「川崎市民プラザ」へ、ここではおよそ8000人を動員しました。’81年「東京国際見本市会場(晴海)」へ会場を移します。’86年にはいったん会場を「東京流通センター内大展示場」に移動、このころから5万人を動員、参加サークルも1000を超えていきます。
当時の東京国際見本市会場

当時の東京国際見本市会場

この時期まではコミックマーケットといえば女性参加者が主体だったがこの時期『うる星やつら』のファンサークルが激増し、当時のロリコンブームと相まって男性参加者が本格的に進出。現在の男性向創作分野の基礎が作られる。漫画家・吾妻ひでおらの「シベール」の行列が館外に作られ、今の壁サークルの走りとなったのもこの時期である。
1985年頃から『キャプテン翼』(『C翼』と略された)が女性サークルに絶大な人気を呼び商業作品を題材に男性キャラクター同士の同性愛を表現した同人誌を制作・頒布するいわゆる「やおい」サークルが増加。若い女性参加者を大きく増やすこととなった。

1990年代に入って起きた「コミケ幕張追放事件」

コミケはついに当時国内屈指の巨大イベント会場だった千葉の幕張メッセへ。
しかし・・・

幕張メッセ

幕張メッセ

C39には参加者25万人を数えるに至り、コミケットはこのまま幕張に落ち着くかに見えた。しかし、次のC40開催の直前になって猥褻図画摘発問題と幕張メッセ側からの申し出により突然使用不能となってしまう。幕張メッセ側は警備上の問題などを理由として挙げているが、事実上コミケットが幕張メッセから厄介払いを受け追い出されたと捉えている者が当時の状況を知る者には多い
後に「コミケ幕張追放事件」などと呼ばれる事になったこの出来事が、現在までのコミケットの歴史の中では最大の存続の危機と見ている者は多い。当時この出来事を体験した参加者の多くがいまだに幕張メッセに対して極めてネガティブなイメージと強烈な不信感を抱いており、これについては現在もほとんど払拭されていない。とはいえ、準備会としては幕張メッセへの公式な批判は避けている。また、事件後20年以上経過し実際に追放事件を体験していない参加者が増えたことや、現在多くのアニメ・ゲーム関連の大規模イベントが幕張メッセで開催されている事もあり、幕張メッセに対してネガティブなイメージを抱く人は相対的に少なくなってきている。

会場は再び晴海(東京国際見本市会場)へ戻ることになる。

1996年夏からついに東京ビッグサイトへ・・・コミケがついに聖地へ

’96年、「東京国際見本市会場(晴海)」に別れを告げ、聖地「東京国際展示場(東京ビッグサイト)」全館制覇開催へと規模を拡大していきます。
聖地ビックサイトへ

聖地ビックサイトへ

現在の3日間体勢は夏コミでは1997年夏のC52から。
冬コミでは1999年のC57から3日間体制となる。

この頃から「萌え」の時代へ。

有明の初期、1990年代後半は『新世紀エヴァンゲリオン』のブームがコミックマーケットを席巻した。『美少女戦士セーラームーン』や各種対戦型格闘ゲームに続く同人誌バブルともいえるこのブームで、コミックマーケットはいっそうの活況を呈した。一方でSFというジャンルの存在感がさらに薄れ、「萌え」を打ち出した90年代後半型オタク向けの同人誌が急激に増加した。しかしこのことについては、マスコミを中心としてコミックマーケットへの偏見(『「コミケ」とは「萌え」すなわちエロ同人誌の即売会である』などといったもの)を助長している面あると指摘する声も一部にはある。

企業ブースが導入されたのもこの頃から。

有明移転後のコミックマーケットで特筆すべき点は、会場建物の構造上の問題からサークルスペースとしての運用が難しい西地区4階フロアをコミックマーケット準備会が企業に販売・プロモーション・市場調査のスペースとして提供する「企業ブース」の本格的導入である(C51より)。

2000年代に突入・・・そして現在へ

2000年代前半に至ると同人ソフト『月姫』や『ひぐらしのなく頃に』、『東方Project』などの登場により同人ソフトを元にした同人誌という「同人の同人」とも呼ばれる自己パロディ現象(ただし前述の作品は同人でもいわゆるオリジナル作品であり、そのパロディ等が出ることは矛盾も重複もしていない)が生じた。これもコミックマーケットの巨大化の一つの現れといえるだろう。また、『月姫』については製作サークルTYPE-MOONが商業メーカーへの転換に成功している。更に、同作品を題材とした渡辺製作所(現・フランスパン)製作の対戦格闘ゲーム『MELTY BLOOD』のアーケードゲーム進出、音系同人に関してもSound Horizonや片霧烈火らがメジャーへの道を辿るなど、漫画以外の表現方法についても同人活動をプロへの登竜門とする流れが生まれつつある。
’14年の「コミックマーケット85」ではサークル数35000、動員数58万人、延べ過去最高の25000人というコスプレイヤーが参加しました。

よく分かるコミケの歴史動画

コミックマーケットの会場の変遷 - YouTube

出典:YouTube

コミケの規模が大きくなっていく様子が分かりやすく描かれている。

コミケの現在の経済効果は180億円以上とも

コミケについて伝えるニュース

コミケについて伝えるニュース

そんなコミックマーケット、実は180億円の経済効果を持っていると言われる程の一大イベントとなっているのだ。こういったポップカルチャー・ビジネス(ヲタクビジネス?)というものはなかなか取り上げられにくい為、知らなかったという方も多いかと思う。
使ってる平均金額は3万円!?

使ってる平均金額は3万円!?

持ち金10万円以上は当たり前か・・・

持ち金10万円以上は当たり前か・・・

こういう人達が50万人来るのがコミケ・・・。

今回は簡単なコミケについてと歴史についてでした

「コミケ」と言う言葉はよく聞くけど実際どういうところなの?そもそもコミケって何?という内容を書いてみた。
第1回コミケとか今のコミケを見るとものすごい歴史を感じるなぁと。

もうすぐ夏コミが始まるということで今後もコミケについて色々と特集してみたいと思います。
次回は夏コミを生き延びるのに必要な準備などについて書いてみたいと思う。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【ポケモンGO事案】ついに変態現る!!ポケモンGOをしていたJKに下半身を露出した男…

ポケモンGOをプレイしていたJKに下半身を露出して男性が出現。ついにポケモンGO絡みでも変態的事案が発生。ポ…

ぱる / 975 view

【衝撃?】アニメキャラを妊娠させたい日本男児が3割オーバーいたことが判明【常識?】

ネット上のアンケートで「女子アニメキャラに自分の子供を産んで欲しいと思った事はありますか?」という質問をした…

chanebi / 1635 view

男の娘グッズは通販サイトで売り切れ続出!!男の娘になりたい人へ贈る下着や金玉ブラジャ…

男の娘なりたいけどどう始めればいいかわからない。そんな人へまずはここから始めてみては?という男の娘グッズ特集…

takatakatan4953 / 38039 view

【画像】今年最もシコシコしたエロ漫画をランキング形式で発表する www【詳細あり】

あるVIPPERが今年のオススメエロ漫画をランキング形式で発表! これは完全に個人的趣味が出てますね(笑) …

ZERO / 4625 view

【閲覧注意】エロ漫画家の知るかバカうどん先生がかわいい件

あのエログロ漫画家「知るかバカうどん先生」がかわいいと2chで話題に。 リョナでエグいエロ漫画を描くあの人は…

ZERO / 260820 view

その他おすすめの記事