エロゲ「戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~」とはどんなエロゲなのか?

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~

ブランド:BaseSon
ジャンル:妄想爆裂煩悩灼熱歴史AVG
原画:片桐雛太、八葉香南、日陰影次、かんたか、神剣桜花、くわだゆうき、KAGEMUSYA、ぎん太郎、MtU、繭咲悠、夏彦、rei太、城崎冷水(SD原画)、くわだゆうき(SD原画)
シナリオ:K.バッジョ、花七、川井ヨシタカ、新井しーな、小沢裕樹、ギハラ、風見どり、神代いづみ、ひよ、杏仁みかん
音楽:Shade、たくまる、上原一之龍

戦国†恋姫X-~乙女絢爛☆戦国絵巻~ - OPムービー【1080p/60fps】 - YouTube

出典:YouTube

戦国†恋姫Xのストーリー

雌伏の時を経て、新たな恋姫たちの物語が始まる!
主人公・新田剣丞は、伯父・北郷一刀のもとで修行に励む毎日を送っていた。
ある日、蔵で見つけた刀を手にした瞬間、剣丞は意識を失い── 気がつくと、見たこともない風景の中に居た。

そこで出会った一人の少女。
自らを 織田三郎久遠信長 と名乗った少女は、呆然とする剣丞に手を差し伸べる。

「我の夫となれ。 そして共に天下への道を進もうぞ!」

信長と名乗った少女・久遠と共に戦国時代を過ごす剣丞は、やがて日の本に渦巻く異形の者の存在を知る。

人を喰らい、生き血を啜る異形の者・鬼は呟く。

「失われた当世の器、異史より来たれり」
「今こそ合一の刻────」

権謀術数渦巻く人の世と、人を喰らう鬼との壮絶な戦いのなか、
少年と少女は傷付きながらも立ち上がり、各地の有力大名に檄を飛ばした――。

「この日の本を救うため、我が下に集え! もののふたちよ!」

全年齢版版からシナリオやイベントは約2倍に!

全年齢版からシナリオ・イベントCGは 約2倍、キャラクター総数は 60名以上の大ボリュームでお届けする 『戦国†恋姫X』。
18禁化を信じて待っていた皆様、お待たせしました !!
前作の戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~

前作の戦国†恋姫 ~乙女絢爛☆戦国絵巻~

ユーザーのみんなが待ちに待った18禁版!!
しかもシナリオやイベントが約2倍という大ボリュームになって登場。
これはやりごたえばっちりですねぇ。

ちなみに「BaseSon」といえばあの「恋姫†無双」シリーズのエロゲブランド。この作品が好きだった人は間違いなく面白いはず。恋姫†無双プレイしてるとニヤリとするシーンも。

戦国†恋姫Xのキャラクター紹介

さすがにキャラが多すぎるので一部キャラクターと人気キャラクターに絞ってご紹介。キャラ多すぎやろ・・・。

織田家

織田 三郎 久遠 信長

織田 三郎 久遠 信長

本作のメインヒロイン。 織田家の頭領。
大勢力に囲まれていた弱小・織田家を背負い、戦乱の荒波を生き抜いていた。
大変仲間思いでありながらも、リアリストな考え方をすることが多い。
君主ということもあり孤独を感じていたが、身分の差などを気にしない剣丞に惹かれていく。
辛さ・苦しさを真っ正面から受け止め、傷つきながらもまっすぐに歩いて行くタイプ。
だが剣丞の前では一人の女の子となり、弱いところを垣間見せる。

斎藤 帰蝶 結菜

斎藤 帰蝶 結菜

織田信長の妻。 足利義秋と行動を共にすることが多い。
信長に対しても剣丞に対しても、姉さん女房的な女の子。
しっかり者ではあるが、しっかり者だからこそ自分の素をなかなか表現出来ない難儀な性格。
いわゆる、ツンデレである。
怒ったら怖く、二つ名は “鬼蝶”。

滝川 彦右衛門 雛 一益

滝川 彦右衛門 雛 一益

織田家の若手で、甲賀出身の武将。 滝川衆を率いる。
小太刀二刀流の使い手。
親友である佐々成政・前田利家と共に、“三若” と呼称されている。
三若の中では一番現実的に物事を判断するも、状況を見てまずくならなさそうならば言わなかったりもする。
超マイペースな女の子。 飄々として捉え所のない性格で、ボソボソツッコミ担当。
戦闘では素早い動きで敵を翻弄する。

竹中 半兵衛 詩乃 重治

竹中 半兵衛 詩乃 重治

剣丞隊の軍師その1。 剣丞の補佐をすることが多い。
剣丞隊の頭脳として政戦両略を司り、剣丞の参謀として常に傍に侍っている。
冷静沈着で思慮深いタイプだが、剣丞のやんちゃっぷりに呆れながらも好ましいと思っている。
が、翻弄された後にお小言を言うことも多い。
運動音痴で非力。 小寺官兵衛と共に戦略を練ったりと、頭脳労働専門である。

小寺 官兵衛 雫 孝高

小寺 官兵衛 雫 孝高

剣丞隊の軍師その2 (副軍師的ポジション)。
竹中半兵衛と共に頭脳労働を担当するが、部隊指揮は官兵衛のほうが長けている。
穏やかで優しいがために、剣丞隊の濃い面子に振り回されることが多々ある。
キリシタンで、シメオンという洗礼名を持つ。
ただし本気でキリシタンに心酔しているというわけではなく、革新的精神を持つ……ということに憧れがあったための入信である。

北条家

北条 朔夜 氏康

北条 朔夜 氏康

関東一円に巨大勢力を築く北条家の現当主。
知略とカリスマ性により、圧倒的な兵力を持って関東を威圧している “相模の獅子” 。
常に笑顔を絶やさない穏やかな姿とは裏腹に権謀術数を得意とする。
織田・武田・長尾の連合を冷ややかな目で観察しながら、対抗するための手を打とうとしていた。
越後の乱に乗じて長尾家に介入するなど、戦国乱世の大名として活躍していたのだが、とある事件の後、行方不明となる。

風魔 姫野 小太郎

風魔 姫野 小太郎

北条家に所属する忍者軍団・風魔忍軍の頭領。
全国各地に優秀な風魔忍軍を派遣し、氏康の政戦両略を支えている。
また同じ忍として名を馳せる服部小波正成にライバル心を抱き、忍としてどちらが上かを決めるため勝負を挑んでいるが……あしらわれることが多い。
優秀な配下に恵まれているため大過はないが、本人はかなり間が抜けており、凡ミスが多い。
ギャルのような出で立ち・口調で男を舐めている節があるが、いわゆる “未通ギャル”。
剣丞に手籠めにされた後は、反発したり憎まれ口を叩いたりしながらも せっせと奉公している(本人は絶対に認めない)。

足利家

足利 一葉 義輝

足利 一葉 義輝

室町幕府将軍であり剣豪。 洗練された美しい太刀さばきで敵を倒す。
とにかく戦うのが大好きで誇り高く、敵には苛烈な性格だが仲間には優しい。
将軍である自分の身分というものを深く理解しているが、その称号が邪魔とも感じている。
好奇心旺盛で我慢することを知らず、暴走しては周囲を巻き込んで盛大に自爆し、後処理をする細川藤孝を困らせている。

足利 双葉 義秋

足利 双葉 義秋

足利義輝の妹。
アルティメット深窓のご令嬢で、姉・義輝に愛され、家臣・細川藤孝にも愛情を注がれる。
剣丞の力強さや優しさを好ましいと思い、一心に好意と愛情を捧げる健気な女の子。
泣き虫ではあるが、将軍の妹でもあるため芯が強く、また頑固なところも多い。
箱入り娘でずっと二条館にこもって生活していたため、かなりの世間知らず。

その他各当主や人気のキャラクター達

浅井 新九郎 眞琴 長政

浅井 新九郎 眞琴 長政

江北・浅井家の当主。 お市と共に行動している。
体育会系武闘派たちが揃う浅井家の中、それに負けないよう厳しく育てられたため、いつも誰にも負けないように武張っている。
だが本人は女の子らしいことも好きで、まさにお嬢様である足利義秋の大ファンでもある。
ただ、武士として足利義輝にも憧れている、いわゆるミーハーなタイプ。
たまにヘタレな女の子で、嫁のお市の尻に敷かれている。
お市のことがめちゃくちゃ大切な、おしどり夫婦。

松平 次郎三郎 葵 元康

松平 次郎三郎 葵 元康

三河・岡崎を本拠地とする松平家当主。 織田信長の同盟者。
松平家が日の本を守り導かねばならない、という思いに凝り固まっている。
織田家・浅井家・足利家の連合に加わっているが、さっさと鬼を退治したいと心内では常々考えている。
優しく礼儀正しい少女だが、時折 何か思い詰めた表情を浮かべているなど、ミステリアスな一面もある。
率いている三河武士たちは葵に絶対の忠誠を誓っているが、少々面倒臭いのが玉に瑕。

長尾 美空 景虎

長尾 美空 景虎

“越後の龍” というあだ名のある、戦の天才。
越後・長尾家の当主にして、関東管領として弱者たちを保護する。
責任感が強すぎるためか素直になれず、当主としての役割に全力を注いでいる。
だが剣丞と出会ってからは、少女らしい面を見せるようになった。
戦いが大好きだが、白兵戦は好きではない。
戦う場合はお家流を使い、盟約を結んでいる仏法四天王を使役して戦う。
一見すると豪快そのものだが、家・仲間を守るというプレッシャーに押し潰されるのを必死に耐えている、そんな弱さもある。

鈴木 孫一 烏 重秀

鈴木 孫一 烏 重秀

紀伊国雑賀庄出身の、いわゆる雑賀衆の頭領。 鉄砲を使った傭兵稼業を生業としている。
鈴木重朝の姉で、すごく無口。
雑賀衆の頭領として、鉄砲の腕、物事の判断も優秀。
ではあるのだが、一切口を開かず、表情と動作で答える変な女の子。
冷静(というかボーッとしている)、無表情無感情ではあるが、仕事はきっちりこなすタイプ。
鉄砲、狙撃が大好き。

武田 光璃 晴信

武田 光璃 晴信

“甲斐の虎” というあだ名を持つ戦略の天才で、甲斐・信濃を治める大勢力の主。
長尾景虎とは喧嘩友達のような関係。
口数が少なく、表情に乏しいながら、喜怒哀楽はしっかりと判別が可能。
白兵戦など自ら武器を持って戦うことはあまり得意ではないが、剣丞に惚れてからは、いつの間にかススッと傍の好位置をゲットして、剣丞に甘えたそうにする。

尺の都合で紹介しきれなかったキャラ、おい嫁がいねーよ!って人達ごめんなさい。

戦国†恋姫Xをプレイした人達の感想や評価レビューまとめ

・やっぱり俺は信者だと言われようとも恋姫シリーズが大好きなんだなと改めて思う
・待ちに待ったハーレムゲー!!
・戦国は初プレイ十分楽しめました。次があるなら楽しみ
・長い。そこが良い。確かにワンパターンな部分も否めませんが、キャラ1人1人が可愛く飽きることはありませんでした。
・ストーリーの出来があまり良くない、主人公が終わっとるという障害もあるものの、53人のヒロイン達と過ごす時間の楽しさが失われるわけではない。
・かなり楽しめた。久しぶりに「大当たり」と思えるものをひいた気がする。
・本編終盤までは楽しめた。そこからのやたらと駆け足の展開+かなり薄い北条編が残念。真恋姫のように勢力別の方が絶対楽しめる。
今作を楽しむにあたってまず同ブランドの「真・恋姫†無双」辺りの知識は必要かなーと感じた。
日常の会話劇・戦の熱い展開がとにかく良く効いてる真・恋姫†無双を思い出す出来になってます

序盤、剣丞の元にキャラが集まり剣丞隊が出来上がっていく所が特に面白かったかな

もちろん越後の龍や甲斐の虎や相模の獅子が出てくる辺りも面白いと思うけどそこら辺は均一なんですよね、敵は結局鬼ばかりだし女の子囲い込むのも一緒

シナリオ欄で書いた通り序盤~金ケ崎撤退戦以降右肩下がりは否めない感じが

本編中名前だけでてくる娘が多いんだけど(伊達政宗とか)多分だけど続編に近い物が出ますよねこれって感じの部分も多少ありました、独眼竜美少女化は昨今珍しくもないだけにやらない手は無いと思う(買うとは言ってない)

面白かったし丁寧な作りだと思いましたが述べた通りの事があるのも事実だなぁと改めて思った次第
キャラと雰囲気が魅力のゲームとしてとても良い出来でした。そっち方面には優れたシナリオ。ボリュームもたっぷりあるので思う存分楽しめます。全年齢版をプレイ済みの場合はどうかわかりませんが、Xで初めて戦国恋姫を手に取る人にとっては大変コストパフォーマンスの良いゲーム。

ストーリーの出来があまり良くない、主人公が終わっとるという障害もあるものの、53人のヒロイン達と過ごす時間の楽しさが失われるわけではない。もっと浸っていたい、続きが見たいと思わせる良いエロゲでした。戦国恋姫、すき。
いろいろな意味で長くなった作品です、ヒロインこれだけいれば仕方ないよねという所
とにかくヒロイン含めてボリュームすごくキャラもCGもHシーンもてんこ盛り状態です
故にどこか当たる所があるという数撃ちゃ当たる物量で押す路線の作品になっています

シナリオでも一本道ゆえ金ケ崎から一度クールダウンされるのは好みが分かれそうです
せっかく盛り上がったものを一度落ち着かせるにも長尾家、武田家と長丁場過ぎて
久遠との再会の頃には、そういえば久遠がメインだったなーと懐かしい気分になるほど
最後でフォローされてメインポジションとなりますが、やはりこの空白は痛かった気も

戦国時代を舞台にした、史実とは全く違うハーレムものですので
そこをわかったうえでヒロインたちの魅力を楽しみましょうと言うところです
ボリュームが多いのでお気軽にプレイできない辺りはキャラゲーとしては欠点ですね

やはりプレイ時間はかなり長いようですね。
やり込むには覚悟が必要かも?

早くも続編を望む声が多数!?
きっとここのメーカーは期待に応えてくれるでしょう。

やりごたえばっちりの戦国†恋姫Xは恋姫シリーズ好きには是非!!

とにかく大ボリュームなのでやりごたえはかなりのものかと。
そして60人を超えるキャラクター達。これだけいればお気に入りのキャラがきっといるはず。史実?そんなことよりキャラが可愛ければいいんだよ!っていうキャラゲー好きには納得の出来。もちろんハーレム展開もあるのでハーレム好きも必見。

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【エロゲー】ニトロプラスの放った究極の純愛ゲーム「沙耶の唄」。愛の前にはあらゆる障害…

沙耶の唄といえば、知っている人も多いエロゲーではないでしょうか。 なんかグロイ肉と恋愛する、端的にいえばそん…

ふじた / 5309 view

【エロゲ】ニトロプラス新作「凍京NECRO」は最高の燃えゲー!3Dで進む戦闘シーンは…

ニトロプラスから発売されたエロゲ「凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>」が凄いと話題に。3Dで進む戦闘シーン…

poipoi / 1899 view

エロゲーの値段、なんであんなに高いのか問題についてまとめ

一般的な家庭用ゲーム機で発売されるゲームに比べるとエロゲーの値段は高いモノが多いです。 なぜエロゲーの値段は…

chanebi / 939 view

こ、これは縞パ……いや、スクリーンクリーナー! 『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』の海外…

アルケミスト制作のシューティングゲーム『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』海外版に付いてきたとんでもない「特典」に…

こーらすらいん / 670 view

【エロゲ】アニメ化もしたワガママハイスペック(ワガハイ)はとにかくキャラが可愛いイチ…

アニメ化もされたエロゲ「ワガママハイスペック」(通称ワガハイ)の紹介とプレイ感想や評判のまとめ。 キャラがみ…

poipoi / 1548 view

その他おすすめの記事