墓場氏のエロ漫画はいっつも表紙でヌいてしまい中身を読むまで時間が掛かる・・・

作品名:けだものの家

作品名:けだものの家

目の前にいるのは、性欲に飢えた醜いけだものの交尾の姿だった―――。

死亡した夫の借金の肩代わりに、高丘家で凌辱され続ける母娘。
徐々に堕ちてゆく母親・潤子。快楽に抗い続ける娘・かんな。
身を挺してでも娘だけは守ろうと必死だった母は、肉欲に溺れ貪り、肉奴隷として堕ちてしまう。
そしてついには、目の前で輪姦される娘の姿に嫉妬心を抱くのだった…!
鬼才・墓場の凌辱調教作品、上下巻同時発売!!!

著者:墓場

著者:墓場

サークル「大理石」主催。
過去作「覚醒愛奴」「壊して下さい」「公開便所」など。
中でも公開便所はアニメ化もした超名作。
艶めかしい拘束具と小手川さんにえっちぃ事をするのに定評がある。

ブログ
http://dairiseki.blog39.fc2.com/

pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=150597

Twitter
https://twitter.com/hakaba3

緊縛、拘束、調教、開発、堕落・・・実用性抜群なシーンの数々

けだものの家上巻のおすすめシーン

精神崩壊した母と介護する娘

精神崩壊した母と介護する娘

冒頭から墓場節前回でド肝を抜かれたw
快楽のけだものになった母を犯す娘。
なんという鬱ボッキスタート・・・

ブブブブブブブブブブブブブフ・・・

ブブブブブブブブブブブブブフ・・・

「クク・・・弄ぶほどに液を垂らす。」
「素質あるよオバサン。肉便器の」
この凌辱描写の迫力が最高。

脱糞シーンも!

脱糞シーンも!

浣腸責めから脱糞シーンもアリ。
カユイところに手がトドク内容。
墓場氏のスカシーンは比較的キレイ目なんで
スカシーンが苦手な人も読みやすい。

そして堕ち描写

そして堕ち描写

「目の前にいるのは性欲に飢えた醜いけだものの交尾の姿だった」
お・・・おほぉ・・・
墓場氏の喘ぎ声というよりも呻き声みたいな表現がよく出ている。

けだものの家下巻のおすすめシーン

おすわり

おすわり

拘束具のクオリティが高すぎるw
そしてこの肉感である。

ゴボッ!!ゴボボボ・・・・・・

ゴボッ!!ゴボボボ・・・・・・

逆さ吊り、水責め、強制絶頂。
女による女への責めは怖い(真理)

食事はお互いの腸内に注がれる

食事はお互いの腸内に注がれる

母娘の仲睦まじい食事風景。
お互いの腸内に注がれた食事を穴あきディルドを使って貪る・・・
墓場氏のチューブ連結シーン見たの初めてかも。

黒幕、堕ちる・・・

黒幕、堕ちる・・・

お・・・ほ・・・おお・・・おおっ!!!

感想、レビューなど

あとがきで、墓場氏は『「田舎を舞台とした話」「今までにない形で落ちていく肉奴隷の姿」が描きたいという思いがあり、~自分の思いとは裏腹に翻弄されてゆく潤子さんの姿を楽しんで頂ければ幸いです』、下巻のあとがきでは『人間関係のもつれ、肉便器になるかんなちゃん、みんなの行く末を楽しんで頂ければ幸いです。えっちな漫画において、こういう長い尺でお話を描かせて頂けたというのはたいへん貴重で、面白かったです』と書かれている。
和風テイストの場所や舞台だけあって、縄を使った縛りやプレイを始め
目隠しや拘束プレイに、ディルド-に電極や電マに極太バイブを使用
し、中でも?それ等を相当数に使って上下の口に道具を入るだけ挿入
して放置する極悪的な道具責めや

窒息クラスの容赦の無いイラマや、上下の口を欲望のままに責め立て
様々な体液が吹き荒れグチョドロにする破壊的な乱交行為
H部分に関しては、痛々しい雰囲気よりエロ要素に結構重心を置かれている感じなので、実用性に関しては超バッチリだし♪

後半で立場が逆転するシ-ンは、物語でもスッキリだけど?
実用的な部分でも大変にスッキリ出来るし…
誰にでもおススメとは、流石に言い難いけどw

作者さんの全霊を尽くして描いた様な?
凄まじいボリュ-ムとパワフルさを感じる内容は、必読&抜き応え超抜群な素晴らしい内容で、個人的には相当に推したいというか♪
この作品のすさまじいところは、様々の人間の愛憎が渦巻く中で、凌辱・調教に蹂躙され続けたヒロインが、ある事件をキッカケとして被害者から復讐の鬼として“加害者”の立場へと急変すること
エロシーンでは目前の快楽を貪り食って理性を殺していく獣の様な狂乱の性行為が描かれていますが、その一方で登場人物達の人間らしい感情こそが善徳であれ悪徳であれストーリーを力強く駆動しているのも大きな特長であり、大仰に言えば長編作はそれぞれの登場人物達の“愛”の物語であるとも評し得ます。
肉感的なボディや端正な表情を歪めたり、覆い隠したりな装束に大きな特色があり、体を締め付けるボンテージや縄、目隠しやギャグボール、顔全体を覆うラバーマスク、肢体を快感で攻め立てる各種性玩具などと合わさることで退廃的なエロスを生み出しています

けだものの家個人的感想

ひたすらズボズボアヘアヘではなくしっかりとした人間関係があるのが◎。
読めば読むほど女の肉の味がする、墓場氏作品特有の適度なストレスが心地いい。

泥沼なバッドエンドではなく、半沢直樹よろく「倍返しだ!」展開があってスッキリ!
母娘の境遇に感情移入して鬱ボッキ状態でシコるのって気持ちいい悔しい!ビクンビクン

\SNSでシェア♂しよう/

  • tweet
  • FacebookShare

関連するまとめ

【エロ漫画】稚名はなびの「初恋とフェラチオと精飲」は禁断の味を知ってしまった甘酸っぱ…

稚名はなびのエロ漫画「初恋とフェラチオと精飲」の感想やレビュー。稚名はなび氏の10年ぶりで3冊目の単行本だ!…

斎藤なみ / 605 view

【エロ漫画家】大きなおっぱいには夢と欲望が詰まっている! 巨乳好きなら必読! 「篠塚…

「篠塚醸二」先生といえば巨乳好きの自他ともに認めるおっぱい星人として有名です。 その巨乳に対する情熱は凄まじ…

ふじた / 467 view

【エロ漫画家】かるま龍狼作品はSF(すこし・ふしぎ)なGSN(ギャグ・シュール・抜け…

ワニマガジン社「COMIC快楽天」などで活躍しているエロ漫画家、かるま龍狼(かるまたつろう)。ここでは、かる…

ishinomori / 1939 view

【エロ漫画家】Amazonでギリギリアウト判定された漫画『無邪気の楽園』の作者『雨蘭…

一般漫画『無邪気の楽園』で一躍有名となったエロ漫画家『雨蘭』についてまとめ。 実は無邪気の楽園前からロリエロ…

Campus / 3924 view

【エロ漫画家】ロリ・痴女・ネトラレ!どれか好きなら「田辺京」先生を読もう! 最高の痴…

ロリ痴女の巨匠といえば田辺京先生です。 その痴態の描き方、そしてロリロリな絵からは想像もできないアヘ顔やネト…

ふじた / 921 view

その他おすすめの記事